クイーンのロジャー・テイラー、「もしフレディ・マーキュリーが生きていたら、今も一緒に音楽を作っていると思う」と語る

クイーンのロジャー・テイラー、「もしフレディ・マーキュリーが生きていたら、今も一緒に音楽を作っていると思う」と語る

最新インタビューでクイーンのドラマー、ロジャー・テイラーが、「フレディ・マーキュリーが生きていたら、今も一緒に音楽を作っていると思う」と語った。

Blabbermouth」によると、 BBC Radio 6 Musicの番組に出演したロジャーが、「もしフレディが生きていたら、今でも一緒に音楽を制作していると思うか」と質問され、次のように答えていたという。

そう思うよ。私とフレディは……、彼は私の親友で本当に仲が良かった。私たちは文字通りいつも一緒にいたんだ。素晴らしいコラボだったから、今でも一緒に音楽を作ってると思う。ジョン・ディーコン(クイーンのベーシスト)が許可するかどうかわからないが……。

ジョンは気持ち的に賛成しているかわからないけど、他の3人は違う。それが何であれ、今も一緒に何かをやってると思いたいね。ブライアン・メイアダム・ランバートはライブをやるのが大好きだから、どんどん向上してるように思う。出来るうちは、まだ続けるよ


なお、5月にクイーンは名曲“We Are The Champions”の新バージョンとなる“YOU Are The Champions” をリリースし、同楽曲の収益は「WHOのための新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付されると報じられた
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする