「変身」を続ける米津玄師のツアーファイナルを観た

「変身」を続ける米津玄師のツアーファイナルを観た
僕たちは何にだってなれる。
1曲生み出すごとに何にでもなってきた米津玄師が、ステージの上で1曲ごとに何にでもなってみせることで、不自由さにも慣れちまってた僕らも、何にでもなれると思えた。
そんなライブだった。
〝爱丽丝〟のギターソロで突然、常田大希が登場してからの〝KICK BACK〟も大大大興奮。
でも全ての曲にサプライズを忍ばせていて終始、米津玄師らしくも過剰なまでのサービス精神に溢れていた。(古河晋)
CUT 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする