ポール・マッカートニーが「テイラー・スウィフトから連絡があって新作の発売日が重ならないように調整した」と語る。「かつてはストーンズともそうやって連絡を取り合った」と

ポール・マッカートニーが「テイラー・スウィフトから連絡があって新作の発売日が重ならないように調整した」と語る。「かつてはストーンズともそうやって連絡を取り合った」と

ポール・マッカートニーが15日に衛星ラジオ番組『The Howard Stern Show』に出演し、テイラー・スウィフトから電話があって、誰も知らなかった『evermore』の発売を数週間前から知っていたと語っている。その映像がこちら。


また、ストーンズとの関係性などについて訊かれて、以下のように語っている。

「もちろんライバル意識みたいなものはあったけど、だけどそれは悪い意味ではなくて、そこから良いものを生み出したんだ。例えば、僕らは彼らによく電話して、いつシングルが出るの?と訊いたりしたんだよね。それで彼らが6月30日と答えるとすると、うん、わかった。じゃあ、僕らのシングルは7月30日に出すよ、という感じでね。

面白いのは、テイラー・スウィフトと一緒にローリング・ストーン誌の表紙をやったんだけど、実は彼女からも最近Eメールが来たんだ。そこで彼女が、『まだ誰にも言ってないんだけど、私はアルバムをもう1枚作ったの』ってね。確か『evermore』というタイトルだったよね。『それで、本当は私の誕生日(12月13日)の週に発売しようと思ったんだけど』ってね。でも、そうすると発売するのがたぶん10日になるということだったと思うけど、『あなたのアルバムが10日に発売するということだから、私は自分のアルバムの発売を18日にずらすわ』ってね。

だけど結局僕のアルバムが18日に出ると知って、彼女は自分のアルバムを10日に発売することにしたんだ。そうやってお互い邪魔しないようにするものなんだ。すごく良いことだと思うよ」


良い話だ。

この2人の対談もすごく面白い。


この後の取材でポール・マッカートニーは最近好きな若いアーティストを訊かれて、BTSとテイラー・スウィフトと答えていた。

また、『evermore』のアートワークでテイラーが着ている服をデザインしたのは、ステラ・マッカートニーだ。


テイラーはステラについてこう語っていた。「ステラはものすごくクリエティブなの。秘密のプロジェクトがあると伝えたら、彼女は私が思っていた通りのものを作ってくれた。彼女のオフィスに車で行って、服をピックアップして、森に持って行ったの!」


ステラは、「よく知っている人のために服を作るのはすごく簡単。テイラーの場合も何かもが自然にできた。彼女のアルバムの自然なエモーションの表現がこの服にも象徴されていると思うの。友達の作ったものの助けになるって稀で、尊いもので、ものすごく特別に感じる」とコメントしている。

ちなみに、テイラーの着ている服は、サスティナブルな服で、それとほぼ同じものがステラのお店で買える。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ポール・マッカートニーが「テイラー・スウィフトから連絡があって新作の発売日が重ならないように調整した」と語る。「かつてはストーンズともそうやって連絡を取り合った」と - 『rockin'on』2021年1月号『rockin'on』2021年1月号
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする