赤い公園に取材! "KOIKI"は画期的な曲だよ

赤い公園に取材! "KOIKI"は画期的な曲だよ
1年2ヶ月ぶりのリリースとなるニューシングル『KOIKI』を引っさげ、赤い公園が久々にJAPANに帰還。本日(日付変わったから昨日か)取材でした。
彼女たちにとっても『KOIKI』取材一発目、つまり超久しぶりのリリース取材。お互いになんだか新鮮な気分でいい感じ。

詳しくは10月30日発売のJAPANで、ということなのだが、あらかじめ言っておきたい。新曲”KOIKI”はふたつの意味で画期的だと、僕は思う。そしてそのふたつの意味はじつはつながっているのだとも思う。

ひとつは、この曲のサウンドが文字通りロックバンドな、4人の演奏がぶつかり合うアグレッシヴなものになっていること。
それは↓このティザー映像で聴けるイントロだけでも分かると思う。

もうひとつは、ずっと「私」を歌い続けてきた津野米咲の歌詞が、おそらく初めて明確に「目の前の誰かに対して何かをしてあげたい」という意志を表明していること。

そんなサウンドと歌詞、僕は”KOIKI”とは、「赤い公園が初めてロックバンドであることを自覚した」、そんな曲なんじゃないかと勝手に思っている。
まだリリースまで時間があるので、詳しくは改めて書きます。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする