ジェームス・チャンスがもう一度観られる

ジェームス・チャンスがもう一度観られる

The XXも来日するし、ジュリアン・カサブランカスも
トータスも来る(しかも日程かぶってる!!)わけだけれど、
個人的に超楽しみな来日の話してもいいですか。


祝・ジェームス・チャンス&ザ・コントーションズ再来日!


言わずと知れたノー・ウェイヴの帝王、
酔っ払ったようなサックスで空気をぶった切る
ニューヨークの伝説。

初来日は2005年、いまから5年前でした。
代官山UNITで3デイズ、僕が行った日は菊地成孔の
DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENとの共演。
チャンスは写真で見るよりもぷっくりしていたが、
サックスを吹いた瞬間にあの切れ味。
陳腐な表現ではありますが、全身の産毛が逆立つ感覚。
ファンクとパンクとジャズのあいだを行ったり来たりしつつ、
最後には全部ぶっ壊していく凄み。

もう二度と観られないかもなあ、とそのときは思った、が、
もう一度観られます。やった。

3月に廃盤音源やライヴ・テイク、
さらにコントーションズのオリジナル・メンバーによる新録も収録した
2枚組のベスト盤をリリースしていて、
(それが上の写真の『Twist Your Soul』)
そこには渋さ知らズオーケストラとのライヴ音源が収録されていたりもする。

今回の来日公演の日程は

5/19 リキッドルーム
5/21 心斎橋CLUB DROP

です。
しかも、両公演ともゲストにはフリクション。
フリクションを率いるレックはコントーションズの結成メンバーで、
チャンスの同志リディア・ランチのティーンエイジ・ジーザス・アンド・ジャークスの
メンバーでもあった。これ、まさに邂逅。

というわけでいまチャンス関係のレコードを片っ端から聴いているのだが、
聴いてると眠れなくなって困る。(小川)
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする