理想的進化

NICO Touches the Walls『OYSTER -EP-』

2017年12月06日発売

NICO Touches the Walls OYSTER -EP-
デビュー10周年の今年、1年ぶりとなる待望のニューEPが完成した。全5曲、そしてボーナスディスクとして全曲のアコースティックVer.が収録される2枚組仕様。アコースティックVer.もそれぞれ凝ったアレンジで、曲によっては歌詞が変わった変化球もありと、新曲感覚だ。

今年前半は、「Fighting NICO」と銘打ったツアーを行なったNICO Touches the Walls。アニバーサリーイヤーの祝祭感でなく、攻めの姿勢で楽曲を更新し、つねに最新形の、ヒリッヒリのソウルを抱えてツアーを完走した。そのドライヴ感が、今作の曲にも冴えわたる。スピードのあるグルーヴがクールな“mujina”、華やかなピアノがアクセントになったロックンロール“Funny Side Up!”で痺れる興奮を呼び、“bud end”のほろ苦いシティポップは、聴き手をメロウな時間に漬け込んでしまう。日本語のいびつな響きやヘンテコな押韻を巧みに利用し、違和感とキャッチーさがデッドヒートを繰り広げるニコ節もますます進化。耳に心地好く、でもいっぺん頭に入れば否応なく暴れまわる曲で、彼らのニヤリとした顔が浮かぶ。(吉羽さおり)

最新ブログ

フォローする