「始まりの場所」から見える風景

MIKE SHINODA『POST TRAUMATIC EP』
発売中
MIKE SHINODA POST TRAUMATIC EP
昨年のチェスター急逝後にマイク・シノダが発表した楽曲は、リンキン・パークでもフォート・マイナーでもなく、シノダ自身の名義による3曲入りEP。盟友を失った余韻の深刻さを感じさせる『Post Traumatic EP』というタイトルには思わず胸が痛むが、《終わりなんて知りたくない、僕が欲しいのは始まりの場所だ》とモノローグのように切々と歌う“Place To Start”にしても、荒々しいリズム・トラックとともに《「彼ら」は僕が墜ちていくのを見ている》と世間の視線への違和感を綴る“Watching As I Fall”にしても、今回のEPの力点がまさに「Post=その後」の方にあることを確かに伝えてくる。チェスター追悼コンサートで披露していた感傷的なピアノ弾き語りの美曲“Looking For An Answer”がここに入っていないのも、「これから」へ向けて前進する意思を旗幟鮮明に提示するためなのだろう。リンキン再構築を表明した彼の、内省的でヘヴィで、抑え難く胸震わされる1枚。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする