どんどん刷新される

Nothing’s Carved In Stone『Wonderer』
発売中
DIGITAL
Nothing’s Carved In Stone Wonderer
深遠でエレクトロニックなイントロから、ヘヴィなギターアンサンブル、そして、メロディアスなギターリフとダンサブルなビートへ――。自主レーベル「Silver Sun Records」を設立し、初のフルアルバムとなる10th『By Your Side』をリリースしたあと、配信シングルやセルフカバーなど、表現の形をどんどんフレキシブルに変化させているNCIS。約2ヶ月ぶりの配信シングル曲“Wonderer”でもまた新たなサウンドデザインが大胆に取り入れられている。

華やかで憂いのあるストリングスを導入し、巧みに抑揚をきかせたNCIS流のメランコリックでダイナミックなダンスロック。村松拓の情感豊かな歌で放たれる《Pain is the pleasure to start anew\Only those who take the leap of faith will know\Youʼll know》というメッセージは、新たな環境で邁進するバンドの姿と重なるし、永遠に続くような悲しみをとらえたうえで繰り返される《Tomorrow comes wow oh oh\The sorrowʼs gone wow oh oh》というメッセージは、終わりの見えない混迷に希望を灯す祈りにも聴こえる。(小松香里)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする