KICK THE CAN CREW/Zepp DiverCity (TOKYO)

KICK THE CAN CREW/Zepp DiverCity (TOKYO) - All photo by 岸田哲平All photo by 岸田哲平
アルバム『KICK!』リリースから約3ヶ月を経て始まった、KICK THE CAN CREWの14年ぶり(メンバー発言より)となる全国7公演のツアー「LIVE TOUR 2017『タコアゲ』」。初日は東京・Zepp DiverCity (TOKYO)である。会場に足を踏み入れると、まず気になったのは意外なくらいに来場者の年齢層が幅広く感じられることだ。活動休止へと至るまでにキックを支えていた世代が中心というより、上にも下にも多様な印象を受ける。この辺りは、さすがにお茶の間レベルでヒットチューンを数多く送り出したキックの特性と言えるだろう。本格再始動から新作リリースにかけて、新たにファンになった人もいるはずだ。

さて、今回のライブレポートはツアー初日ということもあるので、演奏曲や演出内容の詳細に触れることは控える。LITTLE、KREVAMCUの3人がそれぞれに今回のツアーに寄せて語った言葉についても、実際にライブ会場で触れるのを楽しみにしてもらった方が良いだろう。それでも、以下は楽曲タイトルなど少々のネタバレを含むので、今後のツアー日程に参加する方は閲覧にご注意を。各地公演の終演後に読んでいただけると、とても嬉しいです。

9月に武道館で行われた「復活祭」はゲストアーティストを招いたイベントであり、限られた時間内に凝縮されたキックのステージは新作曲の披露も僅かに留まった。その点、今回のツアーは期待どおりの新作ツアーである。あの3人が、半ば伝説化していたと言っても過言ではないKICK THE CAN CREWのブランドを裏切るはずもなく、彼らのマイクリレーはオープニングの1曲目から素晴らしかった。ただ節回しがタイトに纏まっているというのではなく、リリックの意味をあらためて沁みわたらせる三者三様の経験を活かしたマイク捌きを繰り広げることで、かつての名曲群も、新作曲も、いちいち確かな体温と感情が宿されているのだ。

例えば、年輪を重ねたぶん、悶々とするモラトリアムが濃度を増した“アンバランス”があれば、ニューソウル風のトラックに乗せて物思いに耽る感情と時間を鮮やかにシンクロさせる新作曲“また波を見てる”もある。卓越したラップのスキルを持ちながら、誰にも言い表せていなかった思いの機微をつぶさに捉えるために技術をフル稼働させる3人のパフォーマンスは、たとえアップリフティングではなくとも、人々を巻き込むスタンダードな響きを持っている。

KICK THE CAN CREW/Zepp DiverCity (TOKYO)
過去作と新作曲が混ぜ合わされた並びのセットリストは、刻一刻とスクロールする情景のようにドラマティックに意味が連なり、さながら映画でも観ているかのような錯覚に陥る。そのついでに、新作曲が過去の人気曲に負けず劣らずの力を備えていることも証明されてしまうという具合だ。KICK THE CAN CREWのブランド力を踏まえた上で、ショウとして練り上げられた新たな領域をしっかりと見せること。それが今回の「タコアゲ」というツアーなのだ。新作曲が切り替えスイッチのように機能してライブのムードを変え、華麗なDJミックスのように名曲たちが届けられる。たっぷりと情緒的なシーンがあれば、3人が稀代のマスターオブセレモニーとして狂騒を仕切る一幕ももちろんある。最高である。

ソウルフルな歌唱パートも受け持つKREVAは、3MCのステージでは本当に伸び伸びと楽しそうだ。「何おまえ、また喋らないキャラになったの?」とイジられるLITTLEは、しかしここぞというときに高速パンチラインをきっちり決めてゆくさまがすこぶるカッコいい。パンダのシャンシャンばりに大方の人がお目当てに来ていると語られてご満悦のMCUは、変わらぬマイペースぶりで確かな存在感を残していた。そして、いよいよレギュラーDJとしての活躍を見せている熊井吾郎。音出しで派手なミスをして笑いのネタにされてしまったけれど、まるで語るように雄弁なスクラッチングも披露しつつ、濃密なヒップホップショウを支えている。

哀愁も不安も情熱もハジけた高揚感も、ありとあらゆる形で言葉に乗せて届けられてきたステージの終盤、オーディエンスに預けられたコーラスの素晴らしさは、メンバーも賞賛を惜しまなかった。確かなコミュニケーションのために練り上げられたライブが、人々を駆り立て、結実した瞬間だったと言っていいだろう。ただ早口で韻を踏むだけのラップをやりたいわけじゃない。ただ一辺倒に踊らせたいわけじゃない。本当にたくさんの思いを共有しようとしたライブだったからこそ、それが「届いた」と明らかになるあの大合唱は美しかった。このツアーは絶対に成功する。そう確信させてやまない、初日のステージであった。(小池宏和)

終演後ブログ
【速報】KICK THE CAN CREW、日本中遠征! 各地で宣誓! 14年ぶりの全国ツアー初日を観た
遂にこのときが来た。アルバム『KICK!』を携えてのツアー「タコアゲ」初日となる東京・Zepp DiverCity。武道館の「復活祭」はまさにお祭りだったわけで、それぞれキャリアを積んできた3人が本格的に、生の最新コンビネーションをたっぷりと届けることになる。事前の触れ込みでは「約13年ぶり」…
【速報】KICK THE CAN CREW、日本中遠征! 各地で宣誓! 14年ぶりの全国ツアー初日を観た

最新ブログ

フォローする