16歳のシンガーソングライター坂口有望。メジャーデビューシングル『好-じょし-』について取材しました!

16歳のシンガーソングライター坂口有望。メジャーデビューシングル『好-じょし-』について取材しました!
16歳のシンガーソングライター坂口有望。
中学2年生の頃からライブ活動を始めて、ついにメジャーデビューする彼女に取材しました。

高校生でもある彼女の音楽は、斬新な切り口、視点が満載です。メジャーデビューシングル『好-じょし-』も、まさにそういう魅力にあふれています。
学校の友だちから聞いた話を下地にしたのだという"好-じょし-"は、失恋の描き方が独特です。
「恋が終わったからといって世界が終わるわけではないし、普通に毎日は過ぎて行くし、ご飯は美味しい。
でも悲しみはしっかり胸の奥底にある……」という複雑な感覚が、キャッチーなサウンドで彩られながら迫ってきます。

彼女は大阪在住なので、取材はスカイプを使って行いました。
自分なりの考えをしっかり持ちながら活動をしている姿が、画面越しからも伝わってきました。
大阪で弊誌の取材を受ける様子を撮影したのがこちらの写真です。
『ROCKIN’ON JAPAN』9月号に掲載する記事をお楽しみに!(田中大)

最新ブログ

フォローする