フジファブリックの新曲&取材!

フジファブリックの新曲&取材!

ROCK IN JAPANに出演するフジファブリック。

すでにブログでもお伝えしてますが、
http://ro69.jp/blog/japan/52108
JAPAN8月号(6月30日発売)に、
レコーディング潜入&新曲レポート&3人の第一声コメントが載ります。
今日は、年内発売予定の新作に入る新曲を聴きながら、
金澤ダイスケ、加藤慎一、山内総一郎の3人に話を聞いてきました。

今日聴いた新曲数曲は、方向性はバラバラだったが、
どの曲も邪念が一切なく、3人がピュアに音楽的欲求を出した賜物だった。
とても新しい匂いがするんだけど、
やっぱりフジファブリックとしか言い様のない、変幻自在で極彩色な音だった。
バンドってそうなんだなあ、バンドってすごいなあと、感嘆してしまった。

昨年7月に『MUSIC』をリリースし、フジフジ富士Qを大成功させたあと、
今年4月のフジQ上映曾まで表立った活動がなかったフジファブリック。
くるり、アジカン、斉藤和義などのサポートで多忙を極めながらも、
3人の心はずっとフジファブリックとともにあったことが、3人の話から伝わってきた。
志村が遺した曲を元にアルバム『MUSIC』を作ったときもそうだが、
なぜこの3人は、少しの迷いもなくフジファブリックとして突き進めるのかと、
胸がいっぱいになった。
記事、待っていてください。

写真の山内、ニューヘアーになっていた。
JAPAN最新号の別冊:忌野清志郎に興味津々。
「CHABOさん、かっこええなあ」と漏らしていた。
さすがギタリスト。(小松)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする