ビリー・アイリッシュのアコギ新曲“Your Power”MV解禁。「これまでで一番好きな曲」で精神的、肉体的に傷付けられる恋愛関係について歌う

ビリー・アイリッシュのアコギ新曲“Your Power”MV解禁。「これまでで一番好きな曲」で精神的、肉体的に傷付けられる恋愛関係について歌う

ビリー・アイリッシュが、世界が注目する中、新曲“Your Power”を発表。彼女が監督したMVもすでに公開されている。こちら。


予告編でアコギが聞こえたが、そこからどんな展開が待っているのだろうと思っていたら、なんと最初から最後までアコギだけで演奏される思い切った曲だ。

ビリーがインスタで、この曲についてコメントしている。


「この曲は私がこれまでに書いた中でも一番好きな曲。この曲は自分の心のすぐ近くにあるから、それを発表するのは、自分のすごくか弱い部分が晒されてしまっているように感じる。この曲は、すごく色々な場面で、私たちが、目撃したことや経験したことことについて。この曲を聴いてみんながそれを変えたいと思ってくれたら嬉しい。あなたの力を乱用しないで」


さらに、すでにBBC Radio 1でインタビューにも答えている。


そのインタビューの内容を要約。

●“Your Power”について

「この曲は私がこれまでに書いた一番好きな曲。でも、だからと言ってアルバム全体にそれ以外がないってことじゃない。このアルバムを自分の作品としてではなくて、客観的な立場になって聴いてみたけど、本当に世界で一番気に入っているアルバムだから(笑)。ものすごく誇りに思っている」


●この曲ができた過程

「去年の夏の中頃か、始めにできた曲で、最初に『Try not to abuse your power』という歌詞とメロディだけができていた。その1行だけがあったの(笑)。フィニアスの家のキッチンにいて、曲を書こうと思っていたわけじゃなかったけど、でもフィニアスがギターを持っていて、ただ歌い始めたの。そのメロディから始まって曲になった。ここで歌っているのは、すごく大きなテーマで、すごく色々なことについて。悲しいことに、誰もがすごく共感できるテーマなんじゃないかと思う。だから私の経験だけに留まらせたくない。毎日どこを見ても、何百万人という人たちが同じような経験をしていると思うから。それが私は大嫌いで、それについて何か言いたかったの。細かい歌詞について、それが何についてで、何を意味するのか言いたくないけど、でも、どこを見ても起きている問題だと思う。誰もが上手く利用されている(=セクハラという意味でもある)経験をしている人を知っていると思うし」



●『Happier Than Ever』というタイトルのアルバムだが、涙が流れている。幸せの涙か、悲しい涙か?

「(笑)言えるのは、本物の涙だってこと」


●アルバムについて

「締め切りもなかったし、アルバムを作るというモードでは全然なかった。でもお母さんが、『なんてバカなこと言っているの』と言って、試しに作り始めてみることにしたの。そしたら、アルバムが出来てしまった。めちゃくちゃ楽しい制作過程だった。めちゃくちゃ楽しかったし、ものすごく満たされる経験だった。クリエイティブな意味でも、これまでで最高の場所にいたと思うから。とうとう自分でも上手く曲を書けるようになったし。自分の声も最高のサウンドだと思えた。それまではツアーをしすぎていたから。とにかく最高だったと思う」


また締め切りやプレッシャーがなかったことが、良いアルバムができた理由だと思うと語っている。

●アルバムの歌詞のインスピレーション源は?

「すごく色々なことについて。幅広い。ただし、コロナについてのアルバムでは全くない。全然そうじゃない。すごく色々なことについてで、私が経験したこと。私の人生の真実について。世界について。私が目撃したことについて。みんなに聴いてもらえるのが楽しみで仕方ない。これまで作った一番好きなアルバムだから(笑)」



●写真集について

「すごく大変だった(笑)。だけど、ものすごく満足のいく本になった。自分のこれまでの全人生をハードドライブで見続ける作業で、それを『お気に入り』のファイルを作って選んでいった。それはクレイジーでもあり、時に辛いものでもあった。自分にとって楽しいとは言えなかった時期をもう一度体験するようなものだったからね。だからすごく奇妙でもあった。(でも人生が変わってしまったから)今は全く違う人生を生きている。だからそう考えるだけでもクレイジーだと思う。でもすごく満足しているの。何千枚もの写真があって、それを全部プリントアウトして、家中に並べた。私が本にしたいと思う順番に正確に並べていった。何ページにするのかとか、どんなサイズにするのかとか、全部自分で決めたの。それで、家中に並べた。リビングルームのカウチから、ダイニングのテーブルから、台所のカウンターから、廊下までね」


ちなみに、犬も見どころだそう。


●ドキュメンタリー『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』について

「撮影が開始された時から、全てにビビってた。映画は3年間くらい撮影していたけど、映像を初めて観たのは、撮影が終わって1年後くらいだった。それまでどうなったのか何も聴いてなかった。何が映画になったのかも全く知らなかった。だからめちゃくちゃ怖かった(笑)。それで初めて観た時は、まだ完成していない、すごく長いバージョンだったんだけど、いちいち止めて、叫んで家中を走り回っていたから、観終わるまですごい時間がかかった。私達が叫んだ箇所がどのシーンだったのか言えたらいいけど。最初に観た時は、最後の5分はボロ泣きだった。クレイジーよね。人生があんな風に映画になってる人っているの? 最後の5分で、モンタージュのようになっていて、ライブがあって、グラミー賞があって、オー・マイ・ゴッド! 本当に涙がボロボロ出た。私の人生って?!ってね」


“Your Power”は、アコギで優しい響きの曲ではあるけど、ビリーが本物のヘビに絡まれている映像同様、自分を苦しめるものと絡みついている関係性について歌っている。なので、静かにぞぞーっと背筋が凍る。彼女がインタビューで答えているように様々なことについてであり、また恐らく、ドキュメンタリーに登場した元彼氏についても言及しているのではないかと思う。若い彼女と年上の男性の恋愛関係や性的な虐待、彼女を精神的に傷付けるようなことをわざと言うこと、また彼らがビリーをコントロールしようとしたことなどが歌われている。


なので、何度も繰り返される「あなたの力を乱用しないで」の意味は、精神的にも、肉体的な意味でも傷つけられたことについて歌われていると思う。


曲中には、

「どうしてそんなこと?
なぜそんなことできたの?
みんなに見つかった時だけ
悪いことをしたと思うの?
できることなら、全部やり直したい?
そう思ってる?」


と自分を傷つけたことに対して詰め寄る歌詞もある。

さらに

「私は特別だと思っていたのに
あなたは、それがまるで私のせいだったかのように思わせた
あなたは悪魔よ
まるで魅力を失ってしまった
それであなたはコントロールできた?
彼女を檻に閉じ込めたら?
絶対に知らなかったって言ってたけど
彼女は自分と同じ歳だと思っていたと言ったけど」

「どうしてそんなこと?
なぜそんなことできたの?
自分の契約が切られた時だけ
悪いことをしたと思うの?
そうでしょ?」

「あなたは自分の力を失いたくないと思っているかもしれないけど
でも力というのは苦痛ではない」

と締め括られている。かなりダークな曲だ。

ラナ・デル・レイを彷彿とさせる曲でもあり、シンプルなアコギ・サウンドにしたのが効果的だ。

アルバムの全貌が楽しみだ!!



ロッキング・オン最新号は、5/7発売です。購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ビリー・アイリッシュのアコギ新曲“Your Power”MV解禁。「これまでで一番好きな曲」で精神的、肉体的に傷付けられる恋愛関係について歌う - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする