ニューヨーク・メッツ全選手がビースティ・ボーイズの曲でバッターボックス入り

ニューヨーク・メッツ全選手がビースティ・ボーイズの曲でバッターボックス入り

ニューヨーク・メッツが昨日の試合で、アダム・ヤウクの追悼をした。

選手がバッターボックスに入る時に決まった音楽がかかるけど、なんと昨日は全選手がそれぞれ違うビースティ・ボーイズの曲で入場したそう。泣ける。

MLBサイトからの映像。
http://www.mlb.com/cutfour/article.jsp?content_id=30391208

音楽シーンのみならず、ニューヨークにいかに愛されていたのかの証拠!!!以下それぞれの選手の曲。

1. Ruben Tejeda "Intergalactic"
2. Daniel Murphy "No Sleep Till Brooklyn"
3. David Wright "Brass Monkey"
4. Lucas Duda "The New Style"
5. Scott Hairsto "Root Down"
6. Ike Davis 'Fight for Your Right"
7. Andres Torres "So Watch'cha Want"
8. Josh Thole "Make Some Noise"
9. Dillon Gee "Body Movin'"
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする