OKAMOTO'S、特濃のツアーファイナルを観た!

OKAMOTO'S、特濃のツアーファイナルを観た!

「今どきこんな濃ゆいロックで盛り上がれる場はないよ」――オカモトショウが言っていた通り、言葉にできない複雑な感情とロックンロールへの愛情が、研ぎ澄まされたサウンドによって艶やかに花開いた特濃の夜だった。

最新アルバム『OPERA』を引っ提げた全国ツアー「OKAMOTO'S TOUR 2015-2016 "LIVE WITH YOU"」、のファイナル@Zepp Diver City公演。

ロック・オペラをテーマにした最新アルバムの世界観そのままに、ライヴ全編を通してひとつの壮大な物語を紡いでいくような流れ。曲と曲のつなぎはタイト、演奏も引き締まっていて緊張感のあるステージだったけど、いざMCになると4人のフリーフォームなトークが展開されるところがオカモトズらしい。

自分たちが信じる音楽を、結成当時から変わらぬ情熱と結束力で鍛え上げてきたオカモトズ。その末に到達した円熟の輝きが、得もいわれぬマーブル模様のロックンロールとなって爆発していた。

2015年はアルバム1枚、シングル3枚、ライヴDVD1枚とリリースラッシュだった彼ら。「今年はライヴの1年にしようと思っています!」ということで、終盤には47都道府県を周る全国ツアーを6月から開催することが発表された。その他、詳しいライヴの模様は後日アップのレポートにて!

ちなみに、写真は会場に展示されていた、菅谷晋一による『Beautiful Days』など一連のCDジャケットの原画の数々です。(齋藤美穂)

最新ブログ

フォローする