ジェイク・バグ、来日ツアー最終公演を観た!

ジェイク・バグ、来日ツアー最終公演を観た!
ジェイク・バグ、来日ツアー最終公演を観た!

昨日リキッドルームで行われたジェイク・バグのライブが震えるほどに良かった。

1stアルバムからメロウで円熟した最新作に至るまでの楽曲がアコースティック・ギターのみの伴奏と共に歌われる90分間のライブであり、彼の音楽の核心にある純粋な魅力を、まさにそのままの形で手渡されるような体験だった。

まずギタープレイの表現の豊かさに改めて驚かされる。“Saffron”、“Broken”、“Southern Rain”で美しく爪弾かれるアルペジオ、“Slumville Sunrise”、“Seen It All”等のザクザクと金属的に響くコード・ストロークと、楽曲に応じて丁寧にスタイルを変え、彼のミュージシャンシップの高さと技術的な幅ををこれでもかというほどに見せつけてくれた。

何よりそんなシンプルな形で演奏される楽曲が、今更言うまでもなく、あまりにもすばらしい。それぞれの曲には豊かな起伏があり、あらゆる時代のメロディが刻印され、一曲ごとに多くの感情が往来していく。そして最新作の“How Soon the Dawn”から必殺の“Lightning Bolt”に至るまで、削ぎ落とされたアレンジが故に、すべての曲が持つ凄まじい強度があらわとなっていた。

ジェイク・バグ、来日ツアー最終公演を観た!

また、今回はジェイクが非常にこまめに観客とコミュニケーションを取っていた姿も印象的だった。ライブ半ばではリクエストを募り「トゥー・フィンガーズ!」と声が上がれば「いい曲は全部後にやるから」と苦笑いし(もちろんそんな事はない!)、他にも「45分しか練習してないから、ミスするかも」と言ってビートルズ超初期の隠れた名曲である“Like Dreamers Do”(『アンソロジー1』に収録)をロマンティックに歌い上げたりと、適度にリラックスした姿が何とも微笑ましかった。

シンプルなセットで観客とコミュニケーションを取りつつも、ひたすらに強い歌の力で観客を引きつける昨日のジェイク・バグの姿は、本来的な意味での「フォーク・ミュージシャン」的なものであったと思う。(岸啓介)

日経ライブレポート「ジェイク・バグ」
ジェイク・バグの2012年に発表されたデビュー・アルバムの衝撃は大きかった。18歳の少年とは思えない存在感、圧倒的な曲のクオリティー、しかも多くの人に支持されるスター性もある、そんな彼の登場に市場は熱く反応してアルバムはチャートの1位に輝いた。 しかしその成功と彼はデビュー以降闘うことになる…
ジェイク・バグ、確かな成長が感じられる熱いステージを観る
アコースティック・ギターの弾き語りから始まり、曲の圧倒的な力と、声と歌の素晴らしさで走り抜けるスタイルはいつもの通り。ただライブ後半のハードなナンバーでの盛り上がりは、キャリアの積み重ねと音楽的なレンジの広がりが、彼のアーティストとしての大きな成長を促したことが強く感じられるものだった。セットリス…
ジェイク・バグ、確かな成長が感じられる熱いステージを観る
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする