【JAPAN最新号】マカロニえんぴつ・はっとり、2万字インタビュー――シーンを掻き回す鬼才のすべて

【JAPAN最新号】マカロニえんぴつ・はっとり、2万字インタビュー――シーンを掻き回す鬼才のすべて

もやが晴れるってことはいまだにない。
今はお客さんが必要としてくれているってことがフェスでも肉眼で確認できたから、報われたなあって思えてるけど

現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』6月号にマカロニえんぴつ・はっとりが登場!

シーンを掻き回す鬼才・はっとりのすべて。 なぜ「バンド」なのか、そして、あの刹那的なメロディはどこからきたのか? その人生を語る、2万字インタビュー

インタビュー=杉浦美恵 撮影=藤原江理奈


最新作『hope』でバンドとして確たる存在感を知らしめたマカロニえんぴつ。フロントマン、はっとりのキャラクターは、ポップとオルタナティブを合わせ持つ、独特な存在として映る。学生時代から一貫して「バンド」にこだわる姿勢や、多様性と儚い青さを感じさせる独特の音楽性は、いかにして育まれてきたのか。今回は初の2万字インタビューで、人間・はっとりを徹底解剖してみようという試みだ。幼少期からの彼のストーリーは、思っていた以上にマカロニえんぴつの現在地とリンクしていた。はっとりは、生まれた時からはっとりだったのかもしれない。(杉浦美恵)

(『ROCKIN'ON JAPAN』2020年6月号より抜粋)

現在休業している書店も多いので、各ネット書店でもお買い求め下さい。掲載号の購入はこちらから。

【JAPAN最新号】マカロニえんぴつ・はっとり、2万字インタビュー――シーンを掻き回す鬼才のすべて - 『ROCKIN'ON JAPAN』2020年6月号『ROCKIN'ON JAPAN』2020年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする