【JAPAN最新号】ポルカドットスティングレイ、挑戦と美しき戦略の5年間

【JAPAN最新号】ポルカドットスティングレイ、挑戦と美しき戦略の5年間

会社員時代と全然マインドが変わってないんです。アーティストとかミュージシャンって言われると、今でもむずがゆい(笑)

現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』6月号にポルカドットスティングレイ・雫が登場!

バンド結成から、ブレイクの理由、そして最新曲まで――疾風怒濤の5年間を雫自ら振り返る。ポルカの引力、その正体とは?

インタビュー=杉浦美恵


2015年1月に結成されたポルカドットスティングレイは、今年5周年を迎えた。
駆け抜けるように、それでいて、時代を掴む確かな感覚と類稀なるクリエイティブ力を武器に、妥協なき作品を確実にリリースしてきた5年間でもあった。

最新リリース曲“JET”にも、ポルカの洒脱な音楽へのこだわりが詰まっている。
なんとなく遊びで始まったバンドが、多くの人を巻き込む集団へと変化し、今やひとつのジャンルに収めることのできない存在となっている。バンドの舵を取る雫(Vo・G)は今、ポルカドットスティングレイというバンドをどう捉えているのか。
最新曲への取り組みをひもときながら、この5年を振り返ってもらった。(杉浦美恵)

(『ROCKIN'ON JAPAN』2020年6月号より抜粋)

現在休業している書店も多いので、各ネット書店でもお買い求め下さい。掲載号の購入はこちらから。

【JAPAN最新号】ポルカドットスティングレイ、挑戦と美しき戦略の5年間 - 『ROCKIN'ON JAPAN』2020年6月号『ROCKIN'ON JAPAN』2020年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする