エディ・ヴァン・ヘイレンと生前に関係を修復したサミー・ヘイガー、その経緯と詳細を明かす

エディ・ヴァン・ヘイレンと生前に関係を修復したサミー・ヘイガー、その経緯と詳細を明かす

ヴァン・ヘイレンの2代目フロントマンだったサミー・ヘイガーが、長年の確執で知られていたエディ・ヴァン・ヘイレンと生前に関係を修復していたと明かしていたが、改めてその当時のエピソードを披露した。

10月6日にエディが亡くなった後、SiriusXMの番組「The Howard Stern Show」に出演したサミーが、「エディと私はテキストをやり取りし、今年初めにコミュニケーションを取り始めて以来、私たちは仲良くやっていた。リユニオンなどの噂が飛び交うから、そのことは誰にも言わないとお互いに同意していた」とコメント。

そして、最近サミーは米ラジオ局Rock105.5の番組『The Angi Taylor Show』に出演。エディと仲直りした経緯について次のように語っていたという。「Blabbermouth」などが報じている。

「口をきかない期間が何年か続いた後、エディに電話したときは今年の2月か1月だったかな。いつであれ新型コロナウイルスが流行る前だった。彼が、『どうして、(連絡を取るのに)そんなに時間かかったんだ?』って言ってたよ(笑)。その言葉で僕は笑顔になって、『オー・マイ・ゴッド。訊かないでくれよ』って答えたんだ。あれには感動したよ。『おい、俺は待ってたんだぞ』って言われたのは、感動したよ」


サミーは、もしエディと関係を修復できていなかったら耐えられなかっただろうとも明かした。

なお、サミーはヴァン・ヘイレンのベーシストだったマイケル・アンソニーと、10月8日にカリフォルニア州カタリナ島で開催された自身の誕生日パーティーでステージに上がり、ヴァン・ヘイレンの曲“Right Now”を演奏してエディに捧げている


『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


エディ・ヴァン・ヘイレンと生前に関係を修復したサミー・ヘイガー、その経緯と詳細を明かす - 『rockin'on』2020年11月号『rockin'on』2020年11月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする