め組、驚異のエモさと楽しさを両立させた新作誕生。インタビューしました

め組、驚異のエモさと楽しさを両立させた新作誕生。インタビューしました
本日10月25日、2ndフルアルバム『僕だってちゃんとしたかった人達へ』リリース!というわけで、め組の5人に話を訊いた。

ソングライターでありそもそもバンドの首謀者である菅原達也が、表現者としてステップアップするために自我を深く掘り下げ、とんでもなく濃密なラブソング集が構想されたということ。

他のメンバー4人も、そうして生まれた楽曲と向き合い、それぞれにプレイヤーとして新しい課題を設けることで、バンド作品としての精度や熱量が飛躍的に向上したこと。

ということが分かるテキストになったと思います。重要なので長いアルバムタイトルをもう一度書きますが、『僕だってちゃんとしたかった人達へ』です。
コピペしてません。
何度でも書きたくなるタイトルなんです。
このタイトルがちょっとでも引っかかった人は、漏れなく聴いた方がいいと思います。

恋愛でエモい気持ちになるということは、頭がどうにかなるということです。
頭がどうにかなるということは、楽しいということです。

そんな一見無茶な論法を、音楽として完璧に形にしてしまっため組ならではの傑作。
初のワンマンツアーもすごいことになりそうです。ぜひ。(小池宏和)

最新ブログ

フォローする