UKP新加入のポストロックバンドaintのニシダコウキにインタビューしました!

UKP新加入のポストロックバンドaintのニシダコウキにインタビューしました!
男女ツインボーカルにスクリーモが加わり、トリプルギターを擁するという多面的な構造で、唯一無二のサウンドスケープを描き出す、福岡発のポストロックバンド、aint(エイント)。
そのボーカル・ニシダコウキにSkypeでインタビューをしました。

このバンドを見て、まず気になるのが、なぜそんな変則的なバンドのかたちが完成したのか、ということ。
そのあたりは目指していたというよりも、メンバー集めの過程で、「みんなができることをやってたら、そうなった」という結果論みたいなものだという。

これだけ情報量はあるのに、メロディの美しさと群を抜いたポップセンスのおかげで、aintの楽曲はとてもキャッチー。
特に、リード曲“Moondrop”は、「現状を打破したい、変わりたい」というバンドの強い想いと、BIGMAMA金井政人のプロデュースによって、本来このバンドが持っていた「歌」の可能性を一気に押し広げた素晴らしい曲になっている。

念願だったUK.PROJECTからの全国流通盤リリースということもあり、そのあたりも含めて、新作『灯』について訊いたaintのインタビューは、発売中の『ROCKIN'ON
JAPAN』10月号に掲載です。(秦理絵)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする