第2回:THE BAWDIESのセッションは

第2回:THE BAWDIESのセッションは

「JAPAN JAMのツボブログ」、第2回目は、
4月8日に発表になった、THE BAWDIESのセッションについてです。

東京スカパラダイスオーケストラから、NARGO・北原雅彦・
GAMO・谷中敦の、ホーン隊4名が参加。
そして、ゲストボーカルで、トータス松本が登場。

きっと、THE BAWDIESが、こういうゲスト陣でくると予想できていた人は、
ほとんどいないんじゃないかと思う。
でも、「マジで? 最高じゃんそれ!」と喜んだ人が、
ほとんどなんじゃないかとも思う。
というか、私、そうでした。

古きよきR&Bやソウル・ミュージックを、ロック・バンドの編成で、
シンプルなギター・サウンドで鳴らす。
ということをやっているバンドが、THE BAWDIESですよね。
で、言うまでもなく、THE BAWDIESに先んじて、
そういうことをずっとやってきたのが、ウルフルズなわけです。
(トータス、ソロになってからは、もっといろんなサウンド的な
トライアルをしているけど)。

つまり、同じような音楽的ルーツを持って、同じようなアプローチで
音楽をやっている、でもあんなにも違うのが、この二者なわけです。
だから、言ってしまえば、全然意外じゃないのに意外だし、
驚くのにもかかわらず腑に落ちる、そんな組み合わせなわけです。
一緒にやったら、間違いなく、めちゃめちゃかっこいいと思いません?
私は思います。超はまると思う。

そして。ここまで延々書いたように、THE BAWDIESは、
自らがルーツとする音楽たちを、「あえて」シンプルなギター・サウンドの
フォーマットで、無理やりやっているところがある。
だからおもしろいんだけど、もし仮に、「無理やり」やらずに、
本来そういう音楽には普通に入っている楽器が加わったら、どうなるか。
というのが、NARGO・北原雅彦・GAMO・谷中敦の、ホーン隊4名の参加なわけです。
これも、もう、間違いなく、すっごくかっこいいと思う。

ちなみに、スカパラじゃないけど、ROY、去年の11月に出た
在日ファンクのシングル「ESCAPE」にゲスト参加しましたよね。
あれ、めちゃめちゃよかった。
「ROYの歌、実はホーンとすごく合う」という事実は、そこで証明ずみです。

ちなみに、ホーン隊とトータスは、別の曲で出るんだろうか。
それとも、同じ曲で、一緒にステージに立つんだろうか。
もったいないから分けたほうがいい気もするし、
でもせっかくだから一緒にプレイするところが見たい気もする。
いずれにせよ、ほんと楽しみです。

最新ブログ

フォローする