第3回:OAUと高橋優!

第3回:OAUと高橋優!

第3回。OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND(以下OAU)の巻です。

OAUは去年も出演してくれました。
しかも、セッションした相手は、なんとCocco。
ある意味、去年のJAPAN JAMでもっとも、
発表になった時驚いたセッションだったかもしれません、私。

正直、実際にライブを観るまでは、半信半疑だった。
「いいライブになるんだろうか?」という半信半疑ではない。
はっきり言って「はたしてほんとに成立するんだろうか?」
という意味での、半信半疑だった。

しかし。本当にすばらしい、一期一会の、文字通り
奇跡みたいなセッションになったことは、クイックレポートなどで
お伝えしたとおりです。
詳しくはこちらを。http://ro69.jp/quick/japanjam2010/detail/34730

で。今年は高橋優。これもまた、予想つきませんでした。びっくりした。
TOSHI-LOWと付き合いがあって、彼が直で電話して決まったそうです。

しかし、高橋優って、ああいうシンガーですよね。
「ああいう」って、どういうシンガーかというと、
なんというか、「爆発するように歌う」というか。
情念と情熱の塊というか。
イメージとしては弾き語り系のシンガーみたいだけど、
やってることはほとんどその正反対というか。

って、そこがいいんだけど、OAUのあの感じと合うんだろうか。
というか、合体するとどうなるんだろうか。
ちょっと、やっぱり、想像がつきません。

ただ、去年もそうだったけど、いかにも「ああ、合うよねえ」
「なるほど、そうくるよねえ」みたいなセッションは、
基本、OAUはやらない。ってことなんだと思う。
たとえば、OAU/BRAHMANと、昔から仲いいミュージシャンって、
周囲にいっぱいいるじゃないですか。
あるいは、音楽的に、BRAHMANと近いミュージシャンも、
OAUと近いミュージシャンも、いますよね。

でも、そういう人とはやらない。
何が起きるかわからない人とやる。ということなんだと思う。
去年コラボして、シングル出したり一緒にライブ
やったりしたエゴ・ラッピンだって、一見合いそうだけど、
よく考えると全然違うし。
でも、そのコラボの結果、すごくすばらしいもんだったし。

つまり、セッションやコラボによって「いい感じになる」ってことを、
ハナから求めていないのだと思う。
「奇跡が起きる」くらいじゃないと、やる意味ない。
と、考えているんだと思う。
って、ちょっとおおげさか。でも、去年、あのステージで起きたのは、
まさにそういうものだった。
今年もそんな奇跡を、期待していいと思います。
というか、します。

JAPAN JAM2011公式サイト http://japanjam.jp/

最新ブログ

フォローする