世界独占!なんとNINが日本映画『鉄男THE BULLET MAN』に新曲を!

  • 世界独占!なんとNINが日本映画『鉄男THE BULLET MAN』に新曲を!
  • 世界独占!なんとNINが日本映画『鉄男THE BULLET MAN』に新曲を!
  • 世界独占!なんとNINが日本映画『鉄男THE BULLET MAN』に新曲を!
  • 世界独占!なんとNINが日本映画『鉄男THE BULLET MAN』に新曲を!

たった今NYのアップル・ストアで行なわれた塚本晋也監督のインタビューにおいて、NINが、監督の新作『鉄男THE BULLET MAN』のエンディングに新曲を提供したことが、公式に発表されたーーーーー!!!!素晴らしい!!『鉄男』は、現在NYで行なわれているロバート・デ・ニーロが主催者のひとりでもあるトラベッカ映画祭に出品されている唯一の日本映画で、このトークイベントはそれに合わせて行なわれたもの。


なるほどそういうことだったのか!というのも、ファンの方なら覚えているかもですが、トレント・レズナーが去年こんな気になるTWITTERをしていたのです。「『鉄男』はもう何年も観てなかったんだけど、こんな電話がかかってきたんだ……あ、これ以上は言えないけど」って。去年の3月26日9:22PMに。思い切りトレントらしいじらし方で。
http://twitter.com/trent_reznor/status/1398218089


つまりこの時に曲を依頼されて、それで即引き受けたというのだということ。今回制作された『鉄男THE BULLET MAN』はオリジナルの『鉄男』が制作されてちょうど20年目に作られた新作だ。オリジナルの『鉄男』は、クエンティン・タランティーノ始め、世界中のクリエイターを刺激したクリエイターのためのカルト映画、とも言える作品で、トレント・レズナーもそのひとりだったのだ。


映画をご覧になった方は、始まった瞬間になぜ彼がこの作品に惚れたのか即わかると思うが、この作品は隅から隅までトレント・レズナーそのものなのだ。最新作を含めてこれまで3作作られたこのシリーズの内容は変わり続けたが、唯一変わっていない点というのは、自分の抱えた怒りや狂気が人を機械にしてしまうというところ。それを観た時トレントがいかに嬉しかったのか容易に想像が付く。自分の頭の中が目の前に映像化されていたのだから。


最新作でもそのコアは変わらない。モノクロに近い青く冷たい色合いといい、インダストリアルな素材が作品の最大のモチーフであることといい、また、劇中に流れる金属音においては、トレントが作ったのではとすら思えるほど。しかも、今作ではこれまでと違って最後に自分の抱えた狂気や怒りとの和解のようなものが描かれていて、それも、もしかしたら自分の狂気をとうとう受け入れようとしたトレントの今の心境にぴったり合っていたと言えるかもしれない。


すでに試写で私も観せてもらったのだけど、最後に流れるそのNINの曲は、だから、彼がNINというものをすごく壮大に、かつ絶妙にまとめあげた曲で、しかもエモーショナルに映画の余韻を包み込む素晴らしい仕上がりになっている。曲はインストで、実際は5分ほどあるらしいのだが、これが映画とは別にリリースされるのかどうかは今のところ不明。とにかく、NINファンなら、この映画は絶対に必見である。特に最初の8分間。もう本当にそれはNINそのものと言っても過言ではないから。


トレントはかつて塚本監督にビデオを監督してくれないかとお願いしたこともあったのだそうだ。その時は残念ながらタイミングが合わなかったようだが、それを監督が覚えていて、今回お願いし、コラボが実現したよう。トレントにとっては、NINのツアーが終わり、機材は全部売り飛ばして、新たな出発という時期。20年前の自分をこんな形で思い出し、新曲を作れるというのは、最高の再出発となったはずだ。


すでに、この噂を嗅ぎ付けたNINのファンサイトが、なんとふたりの昔のコラボを見付けてきている。これは必見だ。今では考えられない贅沢な企画だが、MTVジャパンのロゴ用に、塚本監督が映像を作り、それにNINが音楽を作っているのだ。映像は相当悪いけど、とにかく見てください!どれだけふたりの感性が合っていたるかよくわかりますので!!!
http://www.youtube.com/watch?v=fCHSn6QJ1tc


NYに住んでいる方は、トライベッカ映画祭でのこの映画の上映は4回あります。トレント・レズナーがなかったとしても素晴らしい作品なので一足先に、ぜひご覧になってみてください。NYではダーレン・アノロフスキー監督(『レスラー』)や、ジム・ジャームッシュなども上映に駆け付けるという噂だ。
http://www.tribecafilm.com/festival/


『鉄男THE BULLET MAN』は、5月22日(土)シネマライズ他全国ロードショー。配給:アスミック・エース。
写真クレジット:(C)TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする