サカナクションの映像作品のトレイラーがおもしろい

サカナクションの映像作品のトレイラーがおもしろい

『SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction -LIVE at MAKUHARI MESSE 2013.5.19-』
のトレイラー第2弾。これ。


5.1chサラウンドとかバイノーラルとは何ぞや、という解説。おもしろいというか、ライヴDVD/Blu-rayの予告編で、いきなり音響の話から入るというのは珍しいというか、はっきり言ってヘンだ。変なのだが、それこそがサカナクションなのだとも思う。

幕張メッセでの「SAKANAQUARIUM 2013」は楽曲や歌詞や演奏スキルだけじゃなくて、音響や照明やその他演出やステージでのパフォーマンスに至るまで、すみずみまでサカナクションの「表現」が行き届いていた。というか、メッセのホールに228本のスピーカーを立てるという行為そのものが、すでにサカナクションの「表現」だった。だからそれを映像作品化するときにも音にこだわるのは当たり前だし、それをユーザーに受け取ってもらうためには、ちゃんと説明をしなければならない、ということなのだと思う。

この映像、後半でバイノーラル録音とはどういうものなのかを体験できます。サラウンド以上に一般的でないので、おもしろいと思います。あと、ソファに座って小刻みにふるえているニッパーくん(ビクターの犬)がかわいい。
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする