【ロッキング・オンを読む】デヴィッド・ボウイ、1969年“スペイス・オディティ”リリース直後のインタビューで、彼は何を語ったのか?【一部公開】

【ロッキング・オンを読む】デヴィッド・ボウイ、1969年“スペイス・オディティ”リリース直後のインタビューで、彼は何を語ったのか?【一部公開】 - 『rockin'on』 2019年9月号より『rockin'on』 2019年9月号より

最初は小さな波だ――そこに大きな石を投げ込み、さらに大きな波を生みだす。僕はエネルギーのゲームをしてるのさ……。“スペイス・オディテイ”がナンバー・ワンを獲得すれば、未来に向けた波に違う色をつけられるかもしれない


今年はデヴィッド・ボウイの出世作“スペイス・オディティ”のリリースから50年という節目の年である。

『ロッキング・オン』9月号に掲載のインタビューは、同曲の発売直後の1969年8月に行われたものだ。まだ本格ブレイクする前のこれほどまとまった発言は貴重である。

この時点で“スペイス・オディティ”はヒットの兆しは見せているものの、まだボウイは一般には無名の存在であり、のちの大飛躍を予感させるようなものは、客観的にみてまだなかったはずだ。

だがここでのボウイは自らの成功にほとんど確信を持っているように見える。

そして彼にとって重要なのはなんらかの音楽的ビジョンの達成や実現というよりコミュニケーションであり、自らの存在や哲学、思想が社会にもたらす影響や波紋といったものに関心が向いているのがわかる。

“スペイス・オディティ”のプロデュースのガス・ダッジョン、ストリングス・アレンジのポール・バックマスターはのちのエルトン・ジョンのチームだ。

だがボウイはその後この二人と組むことはなく、アルバムではトニー・ヴィスコンティをパートナーに選んだ。ここが運命の分岐点だったのかもしれない。(小野島大)



デヴィッド・ボウイのインタビューはキッスが表紙巻頭の『ロッキング・オン』9月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

【ロッキング・オンを読む】デヴィッド・ボウイ、1969年“スペイス・オディティ”リリース直後のインタビューで、彼は何を語ったのか?【一部公開】

KISS
BILLIE EILISH
LIAM GALLAGHER
BOB DYLAN & NEIL YOUNG
U2
THOM YORKE
SLIPKNOT
DAVID BOWIE
MANIC STREET PREACHERS
THE WHO
ALBUM REVIEWS
RIDE
FEEDER
CHON
BLACK MIDI


[CHARACTER OF THE MONTH]
CHANCE THE RAPPER

[HEADLINE]
SUMMER SONIC 2019
STING
FOALS
TASH SULTANA
LUCIFER
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする