【ロッキング・オンを読む】テデスキ・トラックス・バンドの最新インタビューで、デレク・トラックスは何を語ったのか?【一部公開】

【ロッキング・オンを読む】テデスキ・トラックス・バンドの最新インタビューで、デレク・トラックスは何を語ったのか?【一部公開】

コフィがまだ生きてたらって考えない方が無理だよ。でも、やれることは、作品にふさわしい気持ちでライブを届けていくことだけなんだ

最新作『サインズ』を引っ提げて来日したテデスキ・トラックス・バンドだが、その来日公演は、あまりにも懐の深い音楽性を自由に披露していく素晴らしいものだった。このバンドは、スーザン・テデスキとデレク・トラックスという、アメリカのブルース・ロック界の最強実力者ふたりが夫婦となり、それぞれのバンドがそのまま合体した大所帯として知られている。もともと、ふたりが各自で目指してきたものは、ブルース、ゴスペル、R&B、ファンク、ジャム・ミュージックなどをすべてのみ込んでいく活動で、テデスキ・トラックス・バンドはその究極の実践バンドとして結成されたものだ。

このバンドの驚異的なミュージシャンシップと、スーザンの無敵のボーカル・パフォーマンス、さらにデレクの天下一のギターワークが加わることで、その目指すところはアルバムごとに実現されてきたと思うが、今回の『サインズ』はとりわけ彼らの資質が強烈に打ち出された内容になっている。それは、このアルバムが、やむにやまれぬ表現衝動によって強烈なまでに突き動かされた作品だからだ。そして、それが今回のあまりにも素晴らしいライブにも繋がっていたことは間違いない。このアルバムが抱えているものについて、デレクに訊いたインタビューが『ロッキング・オン』8月号に掲載されている。(高見展)



この記事はトム・ヨークが表紙巻頭の『ロッキング・オン』8月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

【ロッキング・オンを読む】テデスキ・トラックス・バンドの最新インタビューで、デレク・トラックスは何を語ったのか?【一部公開】 - 『rockin'on』 2019年8月号『rockin'on』 2019年8月号

THOM YORKE
U2
BOB DYLAN
VAMPIRE WEEKEND
BRIAN ENO
THE 1975
フジロック&サマーソニック完全ガイド
ROGER DALTREY
TEDESCHI TRUCKS BAND
THE BLACK KEYS
ALBUM REVIEWS
AVICII/ALOE BLACC
RHYE
HOT CHIP


[CHARACTER OF THE MONTH]
SLIPKNOT

[HEADLINE]
ED SHEERAN
DR. JOHN
TODD RUNDGREN
RIDE
LIAM GALLAGHER
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする