【ロッキング・オンを読む】スリップノットの最新インタビューで、コリィ・テイラーは何を語ったのか?【一部公開】

【ロッキング・オンを読む】スリップノットの最新インタビューで、コリィ・テイラーは何を語ったのか?【一部公開】

(新しい)マスクは悪人をイメージしたものなんだ。そんなに悪人を求めてるなら俺がくれてやろう、本物の悪人を見せてやろう、というわけだ


もしもスリップノットというバンドが世に出ていなかったら、この20年間はメタル/ヘヴィ・ロックにとって、もっと退屈なものになっていたことだろう。ただ、危険な匂いを失うことなく、徹底的に過激でありながらメインストリームを脅かす実績をあげ続けてきたこのバンドが、このような存在になることを1999年のデビュー当時から予見できていた向きは少数派であり、むしろインパクト勝負の一発屋と見ていた人たちのほうが多かったと言わざるを得ない。そして今、バンドの顔であるコリィ・テイラーは、そうした否定的な視線が自らの動機を支えてきたことを真顔で認める。いや、真顔とはいっても彼は、『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド』と題された新作発表に合わせて新調されたマスクを装着した状態ではあるのだが。

彼とのインタビューが行なわれたのは6月5日、英国はバーミンガムでのこと。メタルの聖地のひとつとして数えられるべきこの街で、彼らは同7日に開幕を控えていた欧州ツアーのリハーサルを実施していた。作品の制作背景などについて訊く前に、まずはその新たな「顔」について話してもらうことにしよう。(増田勇一)



コリィ・テイラーのインタビューはキッスが表紙巻頭の『ロッキング・オン』9月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

【ロッキング・オンを読む】スリップノットの最新インタビューで、コリィ・テイラーは何を語ったのか?【一部公開】 - 『rockin'on』2018年9月号『rockin'on』2018年9月号

KISS
BILLIE EILISH
LIAM GALLAGHER
BOB DYLAN & NEIL YOUNG
U2
THOM YORKE
SLIPKNOT
DAVID BOWIE
MANIC STREET PREACHERS
THE WHO
ALBUM REVIEWS
RIDE
FEEDER
CHON
BLACK MIDI


[CHARACTER OF THE MONTH]
CHANCE THE RAPPER

[HEADLINE]
SUMMER SONIC 2019
STING
FOALS
TASH SULTANA
LUCIFER
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする