THE YELLOW MONKEYの新曲“ALRIGHT”を遂に聴いた!

THE YELLOW MONKEYの新曲“ALRIGHT”を遂に聴いた! - pix by Mikio Arigapix by Mikio Ariga

朝からソワソワしていた。こんなふうにラジオの前で(正確にはPCの前で)、1つの曲が流れるのをドキドキしながら待つなんて何年ぶりのことだろう。こんな気持ちをまた思い起こさせてくれるなんて、まったく、粋なことをしてくれる。

本日13時、THE YELLOW MONKEYの新曲“ALRIGHT”が全国70以上の局で一斉に解禁となった。解禁時刻とほぼ同時にオンエアしたのはJ-WAVE。イントロのギターが鳴る。あああ、EMMAのギターだ! ミドルテンポの、とてもTHE YELLOW MONKEYらしいバンドサウンドに否応無しに心が躍る。そして粘るような、冷めているような、あの独特な吉井和哉のヴォーカル。歌い出しの歌詞は《強い絆が絡み合って 生まれ変わる蛹》だなんて、なんとストレートな表現なのだろう。今回の再始動を告知した、例のイメージヴィジュアルと重なる。蛹が蝶になって羽ばたく瞬間を、今まさに私たちは共有しているのだ。気だるくもしたたかなサウンド、そしてそこに乗る吉井でなければ書けない歌詞。紛れもない、2016年のTHE YELLOW MONKEYがここにある。

新曲“ALRIGHT”は、彼らが再び集結し本格的に始動するための準備が整ったことを告げる曲であり、こちら側に「準備はいいか?」と問うような曲でもある。《何よりもここでこうしてることが奇跡と思うんだ》という歌詞を耳にしたとき、これは、バンドのメンバーだけでなく、今こうしてラジオにかぶりついている私たちのことでもあると受け取った。いろいろな思いが頭をよぎって、少し泣きそうになる。

さあツアー開始まであと3ヵ月。それまでにまた何か仕掛けてくれることを期待しつつ、その日を待ちたい。(杉浦美恵)

最新ブログ

フォローする