イトヲカシ、ついにメジャーデビュー! 夢を糧に新たな夢を追うふたりの「今」を直撃

イトヲカシ、ついにメジャーデビュー! 夢を糧に新たな夢を追うふたりの「今」を直撃

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016、最終日のイトヲカシは素晴らしかった。
「僕らそれぞれバンドやってて、どちらも解散しちゃったんだけど。ロッキンのステージも、バンド時代どれだけ夢見たことか!」と「バンド少年時代の夢」を赤裸々に明かしつつ、バンドでは叶えられなかったイトヲカシという「夢」に最高の形を与えてみせるふたり。夢を原動力にして新たなステージに進み、さらに次なる夢へと手を伸ばす――そんな彼らの永久機関的なサイクルそのもののアクトだった。
朝イチのWING TENTを揺らした観客の熱量を、伊東歌詞太郎自身も「もっとアウェイだと思ってたんですけど……」と驚きと喜びをもって振り返っていたが、あの熱狂の風景はまさに、彼らの音楽への無垢な想いがあればこそ生まれたものだ。

……という話をマクラに、9月にリリースしたメジャーデビューシングル『スターダスト / 宿り星』についてじっくり話を訊いてきた。
前回のミニアルバム『捲土重来』のインタビューの時以上に、伊東歌詞太郎&宮田“レフティー”リョウの言葉はそのひとつひとつがエモーショナルだったし、彼らはもっともっと先の「夢」についても語ってくれた。
そんな彼らの発言はRO69特集、さらに発売中の『ROCKIN’ON JAPAN』11月号のロングインタビューでも展開しています。

【特集】イトヲカシ メジャーデビュー、フェス出演──2016年、夏を語る!
http://ro69.jp/feat/itowokashi_201609

ふたりともメディアでは顔出ししていないので、記念写真は『JAPAN』のスピッツ表紙号&いきものがかり別冊とともに。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする