アンドリュー・マクマホン『ファイヤー・エスケイプ』が今日発売された。生きる喜びが爆発した美しいポップに感動

アンドリュー・マクマホン『ファイヤー・エスケイプ』が今日発売された。生きる喜びが爆発した美しいポップに感動
キャリア20年目にして、初めて100%自身の名前で表舞台に立った記念すべきアルバム『ファイヤー・エスケイプ』が、本日発売された!

サムシング・コーポレイト、ジャックス・マネキンとしてエモ~モダンロック・シーンで活躍してきた彼は、2005年に急性リンパ性白血病のため活動を休止、闘病生活を経て、2015年にソロ・プロジェクト=アンドリュー・マクマホン・イン・ザ・ウィルダネスとして音楽活動を再開した。

今回のソロ2作目は、“イン・ザ・ウィルダネス”ではなく、正真正銘のアンドリュー・マクマホン名義。
荒野を後にし、生きている喜びを全力で鳴らしていることが嬉しいし、どの曲も本当に素晴らしい!

外部ライターを起用し、サウンドも楽曲も明確にポップを目指した作品だが、そうする「必然」が楽曲ごとに感じられる。

アルバムは“ゾンビーズ・イントロ”なんて曲から始まるが、まさに生まれ変わったようまみずみずしさだ。(聴いていてなんだか映画『ウォーム・ボディーズ』を思い出した…)
https://www.youtube.com/watch?v=LpzlSZu1VZc

ロッキング・オン最新号(7月号)にもインタヴューを掲載中! 
「ニューヨークでレコーディングできたことが感慨深かった」と本人は語る。
ジャックス・マネキンのファーストは、NYで録音予定だったのだが、病気のため実現できず、10年越しのリヴェンジだったそうだ。
そう思ってアルバムを聴くと、なるほど!という気づきも多い。

「今、ライヴを観るべきアーティストだ」とコメントを寄せたビリー・ジョエルのサポートも行った。そのライヴ映像はこちら。

Andrew McMahon Atlanta 4-28-17 from Joe Weir on Vimeo.


5月20日、ロサンゼルス郊外で開催された音楽フェス「KROQ Weenie Roast」のパフォーマンスの様子はこちら。
http://ro69.jp/blog/ro69plus/161078


今月には来日も予定しているが、6月28日の来日インストア・イベントに、SHE’Sのフロントマン井上竜馬がゲスト出演することも本日発表された。
詳細はこちら。
■ミニライブ&サイン会 ゲスト:SHE’S/井上竜馬
日時:2017年6月28日(水)、集合20時00分、スタート20時30分
場所:タワーレコード新宿 7Fイベントスペース
【参加方法】タワーレコード新宿店にて『ファイヤー・エスケイプ』購入者に先着(予約者優先)で整理番号付きイベント参加券を配布。
詳細 タワーレコード新宿店 TEL:03-5360-7811

■J-WAVE BAR ゲスト出演 観客15人の前で演奏!
日時:6月27日(火)18:50集合 /19:00開演(21:00終了予定)
場所:J-WAVE(東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー33階)
締め切り:6月18日(日)エントリー分まで有効
当選発表:J-me登録メールアドレスへ当選通知メール送信後、封書にて招待状を送付
詳細 https://www.j-wave.co.jp/jlc/entry/entry_pc.php?key=jwavebar14

現在、パナソニックのCMでタイトル曲が流れている。
聴いたことがある!と思う人もたくさんいると思います。(井上貴子)
rockin'on 編集部日記の最新記事

最新ブログ

フォローする