新たなる日常の賛歌

Eve『廻廻奇譚 / 蒼のワルツ』
発売中
EP
Eve 廻廻奇譚 / 蒼のワルツ
アニメ『呪術廻戦』の主題歌“廻廻奇譚”は、実に『呪術廻戦』的なワードが呪文を唱えるように吐き出され、戦いの火ぶたが勢いよく切られたことをイメージさせるような緻密なアレンジがちりばめられている楽曲。アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』の主題歌“蒼のワルツ”は、壮大だが寄り添うようなバラード調で、『ジョゼ虎』の主人公・ジョゼと恒夫の傷つき苦悩しながらも、勇気を持って未来に踏み出そうという意志に優しく重なる。この冒頭の強力タイアップ曲でもって、Eveの進化を鮮烈に突きつけられる全7曲入りのEP。

“宵の明星”と“遊遊冥冥”はコロナ禍以降に作られたという。2曲ともネオR&Bの香りを感じさせるエレクトロポップで、《曖昧なままでいたくて/最大公約数の先へ/宵の明星へ 向こう側へ/一番星指さし駆けるよ》、そして、《このなんとなく過ぎる日々よ/このなんもないだけの日々を/抱きしめよう》と歌われる。この陰鬱と退屈が淡々と過ぎる日々を我々はどう生きればいいのか? 新たなる日常の賛歌と成り得る楽曲が誕生している。(小松香里)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする