「バカみたいに聞こえるかもしれないけど――ロックンロールになりたかったんです」 ヒロト&マーシー、語る!

 「バカみたいに聞こえるかもしれないけど――ロックンロールになりたかったんです」 ヒロト&マーシー、語る!
 「バカみたいに聞こえるかもしれないけど――ロックンロールになりたかったんです」 ヒロト&マーシー、語る!

ヒロトはね、この2~3年ですごく良くなったと思う。一番近くで聴いてるわけじゃないですか。ライブだと隣で歌ってるわけだから。かっこいいなと思う瞬間が、最近すごく増えてる。でもどこがどう良くなってるのかわかんない(笑)(真島)


ずっと楽しいんですよ、バンドやってることは。でももしかしたらここ数年で、その「楽しい」に「確かさ」が生まれてる気がする。楽しいってわかってるんですよ、自分が。「自分が今、楽しんでる」ってことを(甲本)


こういうふうに歌いたいって明確な形、こんな声で、とかさ。形や枠がしっかりあってさ、その枠に自分をはめていって、それがハマった時が満足かっていったら……それはそれでおもしろいかもしれないけど、その枠を決められないんですよ。そこにハマれば最高に気持ちいいっていう枠。だから着地点がないんです(甲本)


バカみたいに聞こえるかもしれないけど――ロックンロールになりたかったんです。ある特定の人っていうよりも、ロックンロールになりてえなオレ、って(笑)(真島)


  •  「バカみたいに聞こえるかもしれないけど――ロックンロールになりたかったんです」 ヒロト&マーシー、語る! - 『ROCKIN’ON JAPAN』2017年11月号

    『ROCKIN’ON JAPAN』2017年11月号

  •  「バカみたいに聞こえるかもしれないけど――ロックンロールになりたかったんです」 ヒロト&マーシー、語る! - 『一冊丸ごとKEYTALK in 横浜アリーナ』

    『一冊丸ごとKEYTALK in 横浜アリーナ』

  •  「バカみたいに聞こえるかもしれないけど――ロックンロールになりたかったんです」 ヒロト&マーシー、語る! - 『ROCKIN’ON JAPAN』2017年11月号
  •  「バカみたいに聞こえるかもしれないけど――ロックンロールになりたかったんです」 ヒロト&マーシー、語る! - 『一冊丸ごとKEYTALK in 横浜アリーナ』
米津玄師
待望のニューアルバム『BOOTLEG』完成。
前作から2年、数々のタイアップやコラボを通して「他者」と関わりながら生まれた傑作、そのすべてを語る!

●別冊KEYTALK! in 横浜アリーナ
俺ら出会って10年目! 記念すべき1日に独占・完全密着。写真全70枚でお送りする、徹底レポート!

●付録 JAPAN'S NEXT 2017 SPECIAL CD
JAPANが送る新世代プロジェクト「ジャパネク」特集第9弾! 全10組スペシャルコンピCD!
Ivy to Fraudulent Game/嘘とカメレオン/おいしくるメロンパン/Saucy Dog/chelmico/teto/MOSHIMO/Yap!!!/リーガルリリーReVision of Sence

Mr.Children
25年分の名曲で7万人の愛に応えた日産スタジアム公演に全22ページで迫る!

星野 源
自身最大規模のツアーはなぜ「Continues」と名付けられたのか? その真意を解く、たまアリ公演レポ!

ONE OK ROCK
海外ツアー真っ最中のONE OK ROCK、最新最強フォトを入手! NY公演フォトギャラリー

●SCENE SPECIAL! BUMP OF CHICKEN
ツアー「PATHFINDER」初日、幕張メッセ公演を観た!!

●miwa
夏の終わりの特別企画。2017年の夏、そして現在の心境を語るスペシャルインタビュー!

UVERworld
6ヶ月連続ソロインタビュー、第2回は真太郎! 最初のメンバーだから感じる、UVERworldのすごさとは?

THE ORAL CIGARETTES
快作『BLACK MEMORY』完成。レベルアップしたオーラルの今、未来、そして野望に迫る

フレデリック
誰も知らない景色を見せる、渾身のミニアルバム『TOGENKYO』を4人で語る!

ザ・クロマニヨンズ
SKY-HI
●おいしくるメロンパン
●JAPAN’S NEXT vol.18(おいしくるメロンパン/感覚ピエロgo!go!vanillasSHE'SBRADIO
藤巻亮太
THE BACK HORN
佐野元春
大森靖子
グッドモーニングアメリカ
赤い公園
夜の本気ダンス
●BRADIO
め組
魔法少女になり隊
SWANKY DANK
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする