【JAPAN最新号】ART-SCHOOL 木下理樹、帰還――3年間の苦闘の末に生み出した復活作『Just Kids .ep』が描く新たな「光」

【JAPAN最新号】ART-SCHOOL 木下理樹、帰還――3年間の苦闘の末に生み出した復活作『Just Kids .ep』が描く新たな「光」

夢から覚めたあとでも、ロマンは持っていいんだと言いたかった。
とにかくかっこつけたような作品にだけはしたくなかった

現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』8月号にART-SCHOOLが登場!

木下理樹、帰還――3年間の苦闘の末に生み出した復活作『Just Kids .ep』が描く新たな「光」

インタビュー=小川智宏 撮影=藤原江理奈


2019年の春以降、木下理樹(Vo・G)の体調不良を理由に活動休止に入っていたART-SCHOOL。実に3年という長いブランクを経て、彼らがついに帰ってきた。2015年にWarszawa-Labelを立ち上げて独立して以降、『Hello darkness, my dear friend』と『In Colors』という2枚の傑作を生み出しながらも、木下の内面では大きな苦悩が積み重なっていった。それがどういうことだったのかは、おそらく本人にも言語化できないだろう。だがその結果、木下は自身の心の暗い深淵を覗き込み、命の境界線のギリギリに身を置くことになった。そこまで追い込まれる中で、彼が手にしたものはなんだったのか。絶望も喪失もすべてを赤裸々に言葉にしつつ、それをまるで原点に立ち返るようなピュアなサウンドとともに「生きる実感」のほうへと引き連れていく、そんな復活第一弾作『Just Kids .ep』の4曲は、ART-SCHOOLの、木下理樹の新たな始まりと呼ぶにふさわしい。(小川智宏)

(『ROCKIN'ON JAPAN』2022年8月号より抜粋)


  • 【JAPAN最新号】ART-SCHOOL 木下理樹、帰還――3年間の苦闘の末に生み出した復活作『Just Kids .ep』が描く新たな「光」 - 『ROCKIN'ON JAPAN』2022年8月号

    『ROCKIN'ON JAPAN』2022年8月号

  • 【JAPAN最新号】ART-SCHOOL 木下理樹、帰還――3年間の苦闘の末に生み出した復活作『Just Kids .ep』が描く新たな「光」 - 別冊マカロニえんぴつ

    別冊マカロニえんぴつ

  • 【JAPAN最新号】ART-SCHOOL 木下理樹、帰還――3年間の苦闘の末に生み出した復活作『Just Kids .ep』が描く新たな「光」 - 『ROCKIN'ON JAPAN』2022年8月号
  • 【JAPAN最新号】ART-SCHOOL 木下理樹、帰還――3年間の苦闘の末に生み出した復活作『Just Kids .ep』が描く新たな「光」 - 別冊マカロニえんぴつ
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする