マカロニえんぴつが10年目に触れる夢の深層、『たましいの居場所』全曲解説――ロックバンドは飛翔する。綿毛のように自由に

マカロニえんぴつ『たましいの居場所』
発売中
EP
マカロニえんぴつ たましいの居場所

01 “たましいの居場所”

もし、私やあなたが自分という存在の中に「たましい」と呼び得るものを見出すなら、それは確固とした形を持った堅牢なものではなく、むしろ、いくらでも形を変えながら揺れ動く、それこそタンポポの綿毛のような、美しい不安定さを持ったものなのかもしれない。EPの1曲目を飾る表題曲“たましいの居場所”は、そんな人それぞれの「たましい」の旅路を祝福する。《どんな傷みも悲しみも/受け入れて生きなきゃダメだってさ/そりゃないよ、なぁ?オーマイダーリン》――清廉としたメロディと、楽器同士の有機的な重なりを伝える見事なサウンドメイクの中で、青春を歌い、帰路としての人生を歌ってきたバンドが、今再び、解放のメッセージを歌っている。弱さは弱さのままで。あなたは変わらずに、変わり続けることができるんだ、と。
《こんな未来でいま僕は汗かいて恥かいて/託されて歌を描いてる!》――この一節に刻まれた、自分の歌は誰かの想いでもあるという自覚。この2022年に彼らが背負ったロックバンドの姿は、悠久の時を吹き抜けるそよ風のように雄大で清々しいものだ。

02 “星が泳ぐ”

激しい音の奔流に乗せて流れ込んでくる、悲しみと蒼。アニメ『サマータイムレンダ』のオープニングテーマとして書き下ろされたこの“星が泳ぐ”こそ、『ハッピーエンドへの期待は』以降のバンドのムードを真っ先に表していた。この曲にも、「たましい」という言葉がひらがな表記で出てきている。
得意としてきた2~3曲分のアイディアを1曲に詰め込むプログレッシブな展開や、ウェルメイドなポップス的アレンジではなく、音の情動を緻密に重ね合わせることで一枚の絵を描くように全景を生み出す、ダイナミックなロックソング。聴けば、海と砂が混じる瞬間のような、小宇宙的空間に誘われるようだ。今のマカロニえんぴつがこのサウンドを求めたことに、大きな意味がある。
《意味がないか こんな歌には》――アコギと歌だけになった瞬間にスッと入り込むこんな諦念もまた、はっとりらしい部分と言えるが、それでも歌い続けてきたこと、そんな気持ちも歌にしてきたことが、マカロニえんぴつがこの10年間を生き続けてきた理由なのだと改めて感じる。

03 “街中華☆超愛”

さて、この曲についてはどう書こうかしら……と、戸惑いつつも、これもまたバンドの真骨頂。あのサウナ愛滾るハードロク“TONTTU”のように、マカロニえんぴつ作品には愛着と笑いとフェティシズムにバンドが全力で向き合う瞬間が必要不可欠。というわけで、このEPはこの曲。今回のモチーフは「街中華」である。
“TONTTU”に比べるとシャープかつポップに仕上げられているが、それでも、こういう曲を入れなきゃ気が済まないところにマカロニえんぴつの業とミュージックラバーっぷりを感じる。歌詞はとにかく街中華への切望が歌われていて、歌詞カードはでたらめな漢字で綴られている。そんなふざけた世界観にも拘らず、演奏はめちゃくちゃかっこいい。輪郭のハッキリした音像とメリハリの効いたアンサンブルは“星が泳ぐ”などとはまた違った面で、バンド音楽の最良の瞬間を捉えている。
冗談が通じず、真面目ぶってる奴ほど案外信用ならないもんだ。シリアスになりすぎず、常にユーモアを小脇に抱えて行こう――マカロニえんぴつのこういうスタンスが私はすごく好きだ。

04 “僕らは夢の中”

このEPが特別な作品である由縁は、実はこの4曲目の存在によるところが大きい。メンバー全員が歌詞を書き、歌った1曲。はっとり、長谷川、高野、田辺の順番に、自らが書いた歌詞を歌い繋ぐ、その姿にマカロニえんぴつの10年の轍を感じる1曲だ。
父親との対話を綴るはっとり、「食」をモチーフに成長を綴った長谷川、ひとりの内気な青年が抱く静かな熱を綴る高野、そして、ギタリストとしての誇りと憧れを綴った田辺。一人ひとりの歌声がいい。その声たちが重なる瞬間がいい。ここには「メンバー全員が曲を書ける音大出身の優秀なバンド」ではなく、「ロックバンドに人生を見出したはみ出し者たちの居場所」としてのマカロニえんぴつの生き様がある。
マカロニえんぴつは探してきた。希望を。ハッピーエンドを。まだ道半ばかもしれないが、彼らは気づいている。ロックバンドは「夢の生きもの」である。彼らは夢の中で生きることを選ぶ壮大な野心家たちなのだ。そんな夢の棲息者たるロックバンドを見ている時、それはつまり、私たちは夢を見ているのと同義なのである。

(『ROCKIN'ON JAPAN』2022年8月号より)

【JAPAN最新号】マカロニえんぴつ、スペシャル企画『たましいの居場所』ブック! 極まる絆と愛をメンバー全員で語り合う超ロングインタビュー
バンドのことが日に日にかわいくなる。 好きになるというより、かわいらしくなっていくんですよ(はっとり) 現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』8月号別冊にマカロニえんぴつが登場! 『たましいの居場所』ブック マカロニえんぴつはなぜロックバンドをやり続けるのか? 極ま…
【JAPAN最新号】マカロニえんぴつ、スペシャル企画『たましいの居場所』ブック! 極まる絆と愛をメンバー全員で語り合う超ロングインタビュー
マカロニえんぴつを別冊で大特集します! その名も『たましいの居場所』ブック!!
6月22日にメジャー2nd EP『たましいの居場所』をリリースしたマカロニえんぴつにインタビューしました。 初の別冊付録で大特集します! 結成10周年を迎え、より深まっているメンバーの絆、そして愛。その源泉に迫りました。 さらに、EPにちなんで、メンバーそれぞれにとっての「マカロニえ…
マカロニえんぴつを別冊で大特集します! その名も『たましいの居場所』ブック!!
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする