カニエ・ウェスト、地元シカゴの黒人経営小ビジネスなどに約2億円寄付。黒人ジョージ・フロイドが白人警察に殺害されたことを受け、シカゴのプロテストにも参加

カニエ・ウェスト、地元シカゴの黒人経営小ビジネスなどに約2億円寄付。黒人ジョージ・フロイドが白人警察に殺害されたことを受け、シカゴのプロテストにも参加 - pic by AKEMI NAKAMURApic by AKEMI NAKAMURA

ここ数ヶ月静かだったカニエ・ウェストだが、今日久しぶりにいくつかニュースがあった。

ひとつめは、白人警察に殺害されたジョージ・フロイドや、立て続けに起きた同様の事件の被害者2人と、地元シカゴの黒人経営の小ビジネスのために200万ドル(約2億円)寄付したということ。Variety誌が報じている。

https://variety.com/2020/music/news/kanye-west-donates-george-floyd-daughter-college-fund-1234625115/


さらに今日、カニエはシカゴのサウスサイドで行なわれたプロテストにも参加したようだ。映像が投稿されている。

昨今ビリー・アイリッシュアリアナ・グランデなど、プロテストに参加しているアーティストは多くいるけど、みんな現在マスクをしなくてはいけないので、そっと参加して後から投稿する人が多い。しかしこの映像を見るとプロテストじゃなくてカニエのパレードになってしまっている。計画した人の失敗だと思うが、まあカニエの場合はどうやっても結局こうなってしまうのかも。




ちなみにカニエの寄付の内容を、もう少し具体的に書くと、まずカニエは、ジョージ・フロイドの娘さんのために大学入学までの費用をカバーする基金を設立。

さらに、ケンタッキー州ルイビルで3月に警察に殺害されたBreonna Taylorの弁護士代をすべて負担するという。警察が突然夜中に家に入ってきて8発も撃たれ亡くなった。彼女の生前の職業は救急隊員だった。彼女を殺した警官は私服だった上、家にノックもせずに入ってきて、夜中だったため侵入者が来たと思ったBreonnaさんの彼氏が合法所持していた銃を持ってきたところ、警察が22発も発砲。Breonnaさんは人違いで亡くなったのだ。

というのも、警察は、実は捜査すべき家を間違えていたばかりか、その時点で犯人はすでに捕まっていたという大失態。警察は解雇されたが、まだ逮捕されていない。今回のジョージ・フロイドの事件と同時に注目されたため、FBIが今になって再捜査を開始している。

もう1つは、白人が多いエリアをジョギングしていたAhmaud Arberyが殺害された事件。その弁護士代もすべてカニエが負担する。彼の場合は、犯人が黒人への差別的な言葉を吐いてから射殺するという映像がリークし炎上して初めて逮捕。事件から74日も経っていた。つまり警察はもみ消そうとしていたということで、それ自体が現在大問題となっている。

カニエは実は、ジョージ・フロイドの事件が起きる前の週くらいに、新曲が出る、そしてそのビデオも撮影済みという噂があった。それを撮ったカメラマンのArthur Jafaがインタビューで答えていたのだ。しかもそのビデオは、これから出るアルバムの1曲で、「言っちゃって良かったかな」と付け足していたが、アルバムのタイトルは『God's Country』とまで明かしていた。

単なる噂だったのか、事態が変わってアルバムの発売も急遽取りやめにしたのか。


ちなみに、カニエはちょっと前に、フォーブス誌に資産が13億ドルで正式に億万長者と認定されていた。しかし、カニエは「資産は33億ドルだ。フォーブスは数え方を知らない」と怒っていた。

今日2つ目のニュースは、実は同じくフォーブス誌が発表した2020年に最も稼いだミュージシャンのリストで、1億7,000万ドルで、カニエが1位になっていたこと。彼はセレブの総合ランクでは2位なのだけど、恐ろしいのはセレブランクでの1位は、彼の妻のキム・カーダシアンの妹のカイリー・ジェンナーだということ。なんと5億9,000万ドル。すごい一家だ。

https://variety.com/2020/music/news/kanye-west-highest-paid-musician-celebrities-forbes-1234625689/

カニエはGQのインタビューで、トランプのおかげで自分の土地の価値が上がったのでトランプに投票すると語っていた。何とか彼を理解しようとして、トランプの政策というよりは、型破りなあり方に共感しているのではと思いたいが、ツイッター上の書き込みなどを見ると、今回の寄付に関しても、「どうせトランプ支持なんだろう」と反発するコメントが目立っていた。

中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする