イギー・ポップの新たなる挑戦――ルー・リードによる詩も収めたスリル渦巻く新作『Free』を聴いた!

イギー・ポップの新たなる挑戦――ルー・リードによる詩も収めたスリル渦巻く新作『Free』を聴いた!

突然、届けられたイギー・ポップ新作『Free』リリース(9月6日発売)のニュースだが、これまで彼が作ってきたどんなアルバムとも違い、それでいてとても挑戦的なものとなっている。クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オム等と作った16年の『ポスト・ポップ・ディプレッション』は、新旧ファンの歓喜を受け大ヒットしただけに、その続編的なものでもやりそうだが、さすがイギー、まったく違ったアプローチで、表面的には激しいサウンドもボーカルも殆どないが、聴けば聴くほど本質的なスリルが渦巻いている。

非常に内省的なテーマが瞑想的なサウンドで展開されるが、重要なのは詩でイギー自作もあれば、ルー・リードが72年に書いたものや、ボブ・ディランの名のネタ元であり多くの信奉者を持つ詩人ディラン・トマスの、映画『インターステラー』でも使われた著名詩があったりと、非常にバラエティに富んでいる。トラックによってはフリー・ジャズによくあるポエトリー・リーディング的なのもあるが、インプロビゼーションとボーカリゼーションの拮抗した世界をロック的に、とイギーはどこかで思っていたのだろう。


今回、その重要なパートナーとなったのが、「Post Pop Depression Tour」のオープニングに起用されたニューヨークをベースにする女性ギタリスト、Sarah LipstateのプロジェクトであるNovellerと、ジャズ・トランペッターでBilal等ともやっているマルチ・アーティストのLeron Thomasで、この二人がサウンド・メイク、およびプロデュースを担当している(Leronはソングライティングの部分でも重要な役割を担った)。

イギー自身「このアルバムは、他のアーティストが俺に変わって表現したものなんだ…俺は、ただ声を貸しただけなんだ」と発言しているが、声の存在感と表現力で、どこまで詩やサウンドと合わさり、深いところに到達できるのかを追究した試みだ。


とはいっても先行発表された“James Bond”のように、映画『007』のテーマをモチーフにした脱力系のナンバーもあったりして、バラエティにも富み楽しめる。そんななかで圧巻は、ディラン・トマスが死の床にいる父親に向かって書いたと言われる<死滅してゆく光りに向かって、怒り狂え、怒り狂え>と激烈な言葉を投げかける詩をイギーが、まるで自身にむち打つように語るトラックで、これには感動させられた。

お楽しみはこれからだぜ、とのイギーからのメッセージを聴くかのような新作だ。(大鷹俊一)

rockinon.com洋楽ブログの最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする