エレファントカシマシは止まらない! 超豪速球のパンク・ソング“Easy Go”――30年を経て繰り出すど真ん中、宮本語る!

エレファントカシマシは止まらない! 超豪速球のパンク・ソング“Easy Go”――30年を経て繰り出すど真ん中、宮本語る!
エレファントカシマシは止まらない! 超豪速球のパンク・ソング“Easy Go”――30年を経て繰り出すど真ん中、宮本語る!

30周年ツアーを経て、紅白歌合戦に出て、結果として今があるんだけど、でもずーっと思ってたの。なんで俺は3コードっていう、ど真ん中のエレファントカシマシのいちばんいいところ……ミヤジがいて、トミがいて、石くんがいて、成ちゃんがいるっていう、ど真ん中だけ避けるんだろうって。でも、あの30周年ツアーで、4人に対する祝福の嵐を受け取って。もちろん宮本の才能も好きなんだけど、この4人のなかにいる宮本がみんな好きなんだっていうことを改めて強く思ったんです

ツアー中、私、話したくないから、メンバーと電車も別々でだったんですけど。楽屋に一緒にいると、俺ずーっと気ィ遣って喋っちゃうから(笑)。それで俺も疲れちゃうし、メンバーも逆に疲れるっていう。だからいないほうが良くて。そうすると自分の時間ができて、サウンドのことも考えられる。大人だからね、ずーっと一緒にいるとやっぱり、ね? どんなに仲良き恋人同士でも、ずっと四六時中一緒にいるのは、最初の1ヶ月くらいじゃない? それからまた、それぞれ考え方が発展していくじゃない?

特に深く考えてなかったんですけどね。でも、そこ(《そう剛者(つわもの)どもの夢のあと 21世紀のこの荒野に/愛と喜びの花を咲かせましょう》)はいいフレーズだと思った。最初は恥ずかしかったけどね。やっぱそうじゃない? みんな戦ってるしさ。すごく明るいっていうか、バキッとしているし、力強いと思いました。本気だしね。《おまえのハートに この世界中のあらゆる輝き届け》たいって、思うじゃん。だから、そのままなんだよね

バンドと音楽をいちばんやっぱ頼りにしてるし、期待もしてるんです。これは、すごくリアルですね。高校時代に“ファイティングマン”や“デーデ”を、一所懸命つくったリアルと同じくらいリアル。やっぱ日常が崩れ去っていくっていうかさ。そんななかでバンドと音楽を必死にやっているわけで、それが希望であり、ほんとに未来なんですよね


  • エレファントカシマシは止まらない! 超豪速球のパンク・ソング“Easy Go”――30年を経て繰り出すど真ん中、宮本語る! - ROCKIN’ON JAPAN 5月号

    ROCKIN’ON JAPAN 5月号

  • エレファントカシマシは止まらない! 超豪速球のパンク・ソング“Easy Go”――30年を経て繰り出すど真ん中、宮本語る! - 付録KEYTALK!!!!!!!! SPECIAL CALENDAR

    付録KEYTALK!!!!!!!! SPECIAL CALENDAR

  • エレファントカシマシは止まらない! 超豪速球のパンク・ソング“Easy Go”――30年を経て繰り出すど真ん中、宮本語る! - ROCKIN’ON JAPAN 5月号
  • エレファントカシマシは止まらない! 超豪速球のパンク・ソング“Easy Go”――30年を経て繰り出すど真ん中、宮本語る! - 付録KEYTALK!!!!!!!! SPECIAL CALENDAR
●ゆず
17年半ぶりの表紙巻頭登場!
昨年20周年を迎え、最新作『BIG YELL』を発表するゆずが、今だからこそ語るふたりだけの歩み、その真実とは? それぞれへの濃厚2万字インタビューで迫る

●付録 KEYTALK!!!!!!!! SPECIAL CALENDAR
4人とJAPANが紡いできた4年間の珠玉フォトセッションを一挙収録! 文字通り、「ここでしか手に入らない」特別付録

星野源
新たなる国民の主題歌『ドラえもん』は、何を未来につなげようとしているのか? 「イエロー・ミュージック」、そして星野源の今を徹底考察する特別ルポ

米津玄師
自身最長のツアー「Fogbound」を振り返る! 2ヶ月間の旅が彼にもたらした変化とは?

BUMP OF CHICKEN
21周年最後の日に、BUMPが鳴らした未来――「PATHFINDER」ツアーファイナル・さいたま公演完全レポ!

●エレファントカシマシ
30周年を経て繰り出す“Easy Go”はなんとパンクロック! エレカシのど真ん中を開拓し続けるその真意を宮本に訊いた!

MAN WITH A MISSION
円熟期を迎えたマンウィズが最新シングル『Take Me Under / Winding Road』で求めたロックの本質とは?

ヤバイTシャツ屋さん・こやまたくや 2万字インタビュー
ヤバTはいかにしてヤバTになったのか? そしてその野望とは? 首謀者・こやまたくや、25年の本音を初めて明かす

miwa
4度目の武道館公演レポート&インタビューを敢行! miwaが歌い続ける「光」の核心に迫る

ASIAN KUNG-FU GENERATION
ベストアルバム3枚同時リリース! 圧倒的な進化を続けてきた4人が向かうその先とは?

Mrs. GREEN APPLE
結成から5年、これまでのすべてがつながった渾身のフルアルバム『ENSEMBLE』に込めた思いを全員で語る!

sumika
sumikaの快進撃が止まらない! 最新作『Fiction e.p』に込めた思いを、どこよりも早く訊いた!

あいみょん
彼女はなぜ「今」を歌うのか? 7つのキーワードでそのすべてを暴く決定版インタビュー!

SKY-HI
AA=
パスピエ
BRADIO
●坂口有望
Takaryu
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする