【JAPAN最新号】結成15周年を完全祝福モードで迎え撃つUNISON SQUARE GARDEN、3人がその胸中を語る

【JAPAN最新号】結成15周年を完全祝福モードで迎え撃つUNISON SQUARE GARDEN、3人がその胸中を語る
【JAPAN最新号】結成15周年を完全祝福モードで迎え撃つUNISON SQUARE GARDEN、3人がその胸中を語る

普段のスタイルではおよそやらないであろうことをやってる自覚はあって。やっぱり「ロックバンドはファンと馴れ合うべきじゃねえ」みたいな気持ちはたぶん一生、大事なこととして僕は思ってはいるけど、アニバーサリーぐらいはそれも善しとしよう、みたいな感じなのは、意図的にはやってます(田淵智也/B・Cho)

トリビュートで自分たちに対して作品を作ってくれる人たちがいるっていうのは、やって良かったな、生きてて良かったなって思える理由の大きなひとつになったなあと思う。この時点では、まだ僕らだけが音源聴いてる状態ですけど、聴くたびに思いますね。「ありがとう」っていう気持ちが心から湧いてきました(鈴木貴雄/Dr・Cho)

僕らは敢えて、昔からの素朴なやり方――観たい人が観れる場所で、その人が住んでる町に行ってライブをするということであるとか、あとは、聴き手よりもまず自分たちが何をしたいかということに基づいて曲を作るとか。そこがまったく変わらずにこれているのは僕としてはすごく楽しいなあというポイントですね(斎藤宏介/Vo・G)

表題曲以外は捨て曲とは僕は思って作ってきてないので、(『Bee side Sea side』は)いい曲が揃ったアルバムになるだろうなというのは、別に予想外でもなんでもなかったかなあ。でもやっぱり前半とかは、自分たちの哲学が定まる前の曲とかもいっぱいあるから、聴いてて冷や冷やすんなというのは(笑)思いますけどね(田淵)


以下、ロングインタビューより、発言の一部をお届けする。
【JAPAN最新号】結成15周年を完全祝福モードで迎え撃つUNISON SQUARE GARDEN、3人がその胸中を語る - 『ROCKIN'ON JAPAN』8月号『ROCKIN'ON JAPAN』8月号

BUMP OF CHICKEN
BUMP OF CHICKENが歩んだ3年半のドキュメントにして、圧倒的な傑作『aurora arc』は、いかにして生まれたのか? 藤原基央、そのすべてを語る!

Mr.Children
「すべての重力に対峙する」――圧巻のパフォーマンスで、奇跡の一瞬を刻んだ夜。東京ドーム公演ロングレポート

サカナクション
6年ぶりのアルバム『834.194』は山口一郎にとっていかなる意味を持ち、日本の音楽シーンにいかなる新しい扉を開くのか。すべてを語る

宮本浩次
初めてのシングルリリース、『昇る太陽』。疾走を続けるソロ・宮本浩次のこれまでとこれから――今、胸の内を語る

●UNISON SQUARE GARDEN
結成15周年のアニバーサリーイヤーを完全祝福モードで迎え撃つ3人が語る、これまでの分岐点とこれからの覚悟

WANIMA
最強のサマーシングル『Summer Trap!!』をリリースするWANIMAの、笑顔に秘めた深い覚悟とは?

10-FEET
最高傑作『Fin』から2年。ついに生まれた新曲“ハローフィクサー”、そして3人で歩む「これから」を語る

マキシマム ザ ホルモン
極限状態の腹ペコたちと再会の喜びを噛み締めた熱狂の一夜。復活ツアー初日、約束の八王子Match Vox公演をコッテリ濃密レポート

菅田将暉
「この直球感っていうのは、今俺にしかできない気がしたんですよね」――2枚目のアルバム『LOVE』を語る

●川谷絵音
新曲配信はまさかの週一ペース。鬼才・川谷絵音が自ら語る、「なぜ、今日も名曲が生まれるのか?」

ヤバイTシャツ屋さん
あらゆるものをパンクロックにする3人。留まることなき活動欲に突き動かされながら目指す到達点はどこなのか

Hump Back
取り繕うことなく真っ直ぐなニューアルバム『人間なのさ』――これまでのあゆみ、いつまでも変わらない思いを3人が語る

BiSH
BiSHの両極に振り切れた最強アルバム『CARROTS and STiCKS』。ますます加速する6人が放つ「アメとムチ」、その全貌に迫る!

●尾崎世界観の日
ずっと真夜中でいいのに。
KREVA
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする