【JAPAN最新号】これまで見せたことのない姿を次々と展開するソロ・宮本浩次。その真実を語った、衝撃のインタビュー

【JAPAN最新号】これまで見せたことのない姿を次々と展開するソロ・宮本浩次。その真実を語った、衝撃のインタビュー
【JAPAN最新号】これまで見せたことのない姿を次々と展開するソロ・宮本浩次。その真実を語った、衝撃のインタビュー

一体誰に対して歌ってるんだろう、俺は一体って。なんで生きてるんだろうに近いんだけど。最近出た結論が、やっぱ自分に歌ってるんじゃないかっていう。“冬の花”も、“Do you remember?”も自分の人生の1ページのひとつの出方。“冬の花”は大人の自分が俯瞰してる人生観だと思うし、“Do you remember?”は青春のひとコマっていうか

横山健、Jah-Rah、Jun Grayっていうこの3人は、リズムのとり方が、俺にとっていちばん違和感がなかったの。別に違和感があるから悪いんじゃなくて、自分にとっていちばんすんなりしたギターのリズムのとり方だったの。まあ横山健さんにいちばん感じたけど。いちばん素直にいられる場所だったっていうか、ロックバンドっぽいなって

言葉が平べったくなっちゃうんだけど、やっぱね、愛ってことなんですよ。すごい大事ね。なんなんだろうね、愛という言葉じゃないのかもしれないけど。その想いみたいなものがかたちになるのね。幸いなことに、そういうなかで仕事をしてることは、やっぱ非常に幸せといっていい。やっぱ想いがないところで仕事をしちゃうと、絶対ダメ

エレファントカシマシは次のステップにいってると思うし、自然に。だから心配してなくて。宮本浩次のソロはやっぱ生まれたての新人なんで、これをまずひとつかたちにして、自信を持って、かたちにしていきたいと思います。大いに期待して下さい

  • 【JAPAN最新号】これまで見せたことのない姿を次々と展開するソロ・宮本浩次。その真実を語った、衝撃のインタビュー - 『ROCKIN'ON JAPAN』10月号

    『ROCKIN'ON JAPAN』10月号

  • 【JAPAN最新号】これまで見せたことのない姿を次々と展開するソロ・宮本浩次。その真実を語った、衝撃のインタビュー - 別冊『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』

    別冊『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』

  • 【JAPAN最新号】これまで見せたことのない姿を次々と展開するソロ・宮本浩次。その真実を語った、衝撃のインタビュー - 『ROCKIN'ON JAPAN』10月号
  • 【JAPAN最新号】これまで見せたことのない姿を次々と展開するソロ・宮本浩次。その真実を語った、衝撃のインタビュー - 別冊『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』

●宮本浩次
ソロ・宮本浩次、初の表紙巻頭! 数々の新たな挑戦は何を意味し、一体どこへたどり着くのか? その真実と、シングル”Do you remember?”のすべてを語った衝撃のインタビュー

●別冊 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019
ついに20周年! 祝福の5日間、その全記録――全ステージ・レポート&フォト

米津玄師
今の心境、そして最新シングル『馬と鹿』を語るロングインタビュー ――「我を忘れる、正気じゃいられないような瞬間がずっと欲しかった」

ELLEGARDEN
2019夏フェス全レポ! 宮古ロックフェス、フジロック、ライジングサン、3本の熱いステージを綴った13,000字

RADWIMPS
果てしなき自由へ――「ANTI ANTI GENERATION TOUR」 マリンメッセ福岡公演、徹底レポート!!

あいみょん
8月10日、初のGRASS STAGEに立つ直前のあいみょんに密着。真夏の撮り下ろし&終演後のインタビューで、最高の「夏」に迫る

THE ORAL CIGARETTES
ベストアルバム『Before It’s Too Late』発表。光と闇が交差する無二の世界観を引き連れ、4人は何を夢見ているのか?

UNISON SQUARE GARDEN
15周年を祝う野外大舞台「プログラム15th」。自分たちだけのために音楽を鳴らし続けた3人が辿り着いた祝福の日、そのすべて

04 Limited Sazabys
新作『SEED』はフォーリミ王道を驀進する全3曲! 完璧な直球を投げ込んだ4人に訊く最新ロングインタビュー

Mrs. GREEN APPLE
ニューアルバム『Attitude』2号連続インタビュー第1弾――過去作振り返り&近況報告で明かす5人の変化と現在地

9mm Parabellum Bullet
15周年を迎えた9mm Parabellum Bulletが放つ8thアルバム『DEEP BLUE』はいかにして生まれたのか

KREVA
怒涛の9ヶ月連続リリースを続けるKREVAが衝動のままに作ったアルバム、『AFTERMIXTAPE』の真髄に迫る!

ずっと真夜中でいいのに。
BLUE ENCOUNT
ヨルシカ
マカロニえんぴつ
Plastic Tree
SIX LOUNGE
ヤングオオハラ
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする