【JAPAN最新号】BiSH特別インタビュー。6人6通りの2020年――それぞれの戦いと新たな愛を語り合う!

【JAPAN最新号】BiSH特別インタビュー。6人6通りの2020年――それぞれの戦いと新たな愛を語り合う!

BiSHという場所、それぞれのメンバーへの愛が高まっている感じが今すごくします。安心できる場所があるっていうのはすごく幸せなことだなって(チッチ)

現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』2月号にBiSHが登場!

6人6通りの2020年――それぞれの戦いと新たな愛を語り合う!

インタビュー=小川智宏 撮影=オノツトム


コロナ禍で世界が一変した2020年は、当然BiSHの6人にとっても困難の連続だった。ライブの場でのファンとの汗まみれのコミュニケーションを自分たちの主戦場としてきた彼女たちにとって、観客の前でパフォーマンスができないこの1年は、その中で自分たちが何を届けることができるのか、何を伝えることができるのかに挑戦し続けてきた時間でもあった。その結果が急遽制作しリリースした3.5thアルバム『LETTERS』であり、オリコン週間アルバムランキングでベストアルバム『FOR LiVE -BiSH BEST-』に続き2作連続1位という快挙だった。そんな2020年をどんな思いで過ごし、2021年に向けて何を考えているのか、6人はそれぞれの言葉で語ってくれた。10月にはスマホゲーム『Call of Duty: Mobile』とのコラボで生まれた新曲“STORY OF DUTY”を配信リリース、そして本誌が発売されるころには終わっているが、12月24日には11ヶ月ぶりとなる有観客ワンマンライブを代々木第一体育館という大きな会場で完遂しているはずだ。念願だった紅白歌合戦は次回以降に持ち越しとなってしまったが(本当に残念……!)、BiSHは確実に強くなり、そしてこの世界に欠かせない存在になりつつある。(小川智宏)

(『ROCKIN'ON JAPAN』2021年2月号より抜粋)



  • 【JAPAN最新号】BiSH特別インタビュー。6人6通りの2020年――それぞれの戦いと新たな愛を語り合う! - 『ROCKIN'ON JAPAN』2021年2月号

    『ROCKIN'ON JAPAN』2021年2月号

  • 【JAPAN最新号】BiSH特別インタビュー。6人6通りの2020年――それぞれの戦いと新たな愛を語り合う! - 別冊 BABYMETAL十年読本

    別冊 BABYMETAL十年読本

  • 【JAPAN最新号】BiSH特別インタビュー。6人6通りの2020年――それぞれの戦いと新たな愛を語り合う! - 『ROCKIN'ON JAPAN』2021年2月号
  • 【JAPAN最新号】BiSH特別インタビュー。6人6通りの2020年――それぞれの戦いと新たな愛を語り合う! - 別冊 BABYMETAL十年読本
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする