【JAPAN最新号】KALMA、『NO BORDER』は原点回帰作にして最大進化作! KALMAが求めた圧倒的ライブ感――その背景をひもとく

【JAPAN最新号】KALMA、『NO BORDER』は原点回帰作にして最大進化作! KALMAが求めた圧倒的ライブ感――その背景をひもとく

今は「いいライブ」ができてる自信がある。だからこそ、ライブアルバムみたいな作品を作りたいっていう流れになったと思う

現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』12月号にKALMAが登場!

『NO BORDER』は原点回帰作にして最大進化作! KALMAが求めた圧倒的ライブ感――その背景をひもとく

インタビュー=杉浦美恵 撮影=Takeshi Yao


昨年の1stフルアルバム『ミレニアム・ヒーロー』ではストレートなロックサウンドのみならず、ストリングスやピアノサウンドも取り入れた楽曲で新たな音楽性も感じさせたKALMA。その『ミレニアム・ヒーロー』から約1年。新作ミニアルバム『NO BORDER』は、3ピースのバンドサウンドとライブ感を追求した原点回帰作となった。彼らの魅力のひとつである疾走感溢れるバンドサウンドや、それぞれの楽器の音が歌に共鳴するようなエモーショナルなアンサンブルは今作でさらなる成熟を見せる。ソングライターである畑山悠月(Vo・G)の綴る歌詞は、衒いなき青さや衝動的な感情だけでなく、よりリアルに感情の奥深くを描くようになり、バンドとしての音像はどれも自信に満ち溢れている。KALMAはいかにして、3ピースとしての強い自信を手にしたのか。そしてスタジオアルバムである『NO BORDER』が、なぜこれほど「ライブ」を感じさせるのか。メンバー全員に語ってもらった。(杉浦美恵)

(『ROCKIN'ON JAPAN』2022年12月号より抜粋)



【JAPAN最新号】KALMA、『NO BORDER』は原点回帰作にして最大進化作! KALMAが求めた圧倒的ライブ感――その背景をひもとく - 『ROCKIN’ON JAPAN』2022年12月号『ROCKIN’ON JAPAN』2022年12月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする