【知りたい】ミオヤマザキが描く本能ありのままの叫びは今の時代の何を刺すのか?

【知りたい】ミオヤマザキが描く本能ありのままの叫びは今の時代の何を刺すのか?
先日開催されたZeppツアーは大盛況のうちに終幕し、来たる12月25日(水)には自身5枚目となるアルバム『じゃあどうやったら愛してくれんだよ』をヴィレッジヴァンガードおよびファンクラブ限定でリリース予定。更にCOUNTDOWN JAPAN 19/20への初出演も決定するなど目下躍進中の注目株、ミオヤマザキ

今でこそ多方面から人気を集めるミオヤマザキだが、思えば彼らは活動当初より、あまりにも異端な手法で注目を集め続けてきたバンドだった。インディーズ時代、彼女らの知名度を飛躍的に上昇させる契機となったのは、自身が監修した脱出ゲームアプリ『マヂヤミ彼女』。恋愛とホラーを掛け合わせたストーリー展開とミオヤマザキの楽曲を随所に取り入れた同アプリは、累計500万ダウンロードを突破(App Storeでは1位を獲得)する快挙を成し遂げ、彼女らの名前はアプリの人気に比例して広く知られることとなった。そうして大勢の共感者とフォロワーを獲得し土台を整えた彼女らは、本格的に音楽という名の武器を携えての大規模な勢力拡大に乗り出したのだ。

2014年に発売された記念すべきファーストシングル『民法第709条』を皮切りに、以降は精力的に音源を発表。ライブ活動(ファンの間では「スレ」と呼ばれる)にも力を入れ、今年は47都道府県完全無料ワンマンツアーという前代未聞の全国行脚も完遂。昨今では音楽へ導くための起爆剤として、CDの無料配布や井上裕介(NON STYLE)ら出演のツイッタードラマを配信するといった既成観念に囚われない画期的な手段でもって、日増しに新たなファンを獲得し続けている。


そんなミオヤマザキの類い稀なる特徴のひとつは、フロントウーマンであるmio(Vo)が描くあまりにも赤裸々な恋愛模様にある。

《援交も薬もイジメもデモもSEXも/リスカも自殺もヒキコモリだって/大丈夫って言われたいだけ》(“シブヤノウタ”)

《あなたの隣、私だけの特等席/シートの位置がいつもと違うよ。/誰を乗せたの。。誰を乗せたの。。。》(“女に浮気がバレる26の法則”)

《―元カノさんへ―/最近、ゆうたとご飯行ったでしょ?/ツィッターで見たよ。》(“ゆうた君の元カノ”)


恋愛と一口に言っても、ミオヤマザキの描くそれは決して相思相愛かつ順風満帆なものではない。「会いたい」が「何で会えないの?」、「大好き」が「本当に私のこと好き?」、「一緒にいよう」が「死ぬまで一緒にいてくれる?」に変換されて耳元で囁かれるような、狂気的な恐さを孕んだ代物だ。

浮気や性行為といった鮮烈なキーワードを中心に据え、危さを湛えた恋愛思考の数々がナイフの如き鋭利さでもってビュンビュン飛んでくる様は、打ち込みを多用したその重厚なサウンドも相まってさながら美しく悍しいホラー映画のようでもある。

ミオヤマザキの楽曲には総じてリアルな重い思いが渦巻いているのだが、それもそのはず。綴られる内容の大半は、mioが日常生活において抱いた思想や実体験が軸となっている。自身の本名を冠した“山崎美央”にて《誰がなんと言おうと私は私のまんま、/私が言いたい事を歌っていこうと思ってます。》と語っている通り、詰問や絶対的な私見に象徴される、ともすれば「メンヘラ」と呼ばれてやむなしなmioの言葉の数々は十中八九、飾らない本心なのだろう。


だからこそミオヤマザキが今を生きる若い世代を中心に支持を得ている現状は、理に適っているとも思うのだ。

SNSの普及やライフスタイルの多様化に伴い、恋愛における事柄のみならず、他者との繋がりは年々窮屈なものとなっている。なぜなら一見強固な絆で結ばれているように思える人間関係は、何かしらの拍子で瓦解しかねない軽さを携えているからだ。楽しい日常も、愛の営みも、心からの信頼も。それがどれほど自分にとって多幸感に満ち溢れたものであっても、相手の本心が視覚化できない以上、ひとりの人間と関係を密にすればするほどに孤独感と寂寥感は一層巨大化し、際限なく心を縛り付ける。

そうした人間関係に悩める者たちにとって、本能的な感情に遵従するミオヤマザキの等身大の姿は、一種の心の拠り所になり得るのではなかろうか。相手に思いを吐き出しすぎる直情径行な性格の持ち主にとっては唯一無二の理解者に、言葉を飲み込んでしまう優柔な人間にとっては確固たる理想像に……。明朗快活な人間にしか響かない歌があるように、世の中を上手く立ち回れない弱者にのみ一筋の光を灯すことのできる、ミオヤマザキのようなロックバンドも存在して然るべきなのだ。

利己的な欺瞞と欲望に満ちた男衆に中指を立てながら、はたまた、直情的に愛欲を吐露しながら、今日もミオヤマザキは悩める者の心を解きほぐす。世間に迎合せず、愛の狂気を放出させるミオヤマザキの音楽は毒か、はたまた薬か。その正体は、是非ともあなたの目と耳で確かめてほしい。(キタガワ)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする