【10リスト】あいみょん、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!

【10リスト】あいみょん、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!
“マリーゴールド”でのブレイクを経て、世代も性別も超えて支持されるアーティストとなったあいみょん。まるでひとつの型にハマるのを避けるように、音楽性という部分では新曲を発表するたびに新たな側面を見せ続けている彼女だが、その根っこにあるのはギターの弾き語りだけでも成立するメロディの強さ、そして日常で揺れ動く感情を独特の視点で切り出してみせる言葉のセンスだと思う。そんなあいみょんの魅力が詰まった名曲を10曲セレクト。改めてその才能に迫ってみたいと思う。(小川智宏)


①貴方解剖純愛歌 〜死ね〜

すべてはここから始まった。最初にこの曲を聴いたときのことを今でもよく覚えている。勢いのあるロックサウンドとポップなメロディ、そしてサビで叫ぶ《死ね》というフレーズ。こんなラブソングありなのか、と衝撃を受けた。「好き」という気持ちをどこまでも濃く煮詰めて凝縮していった、最上級の表現としての《死ね》は、とても人間的で、どこまでも切ない。あいみょんは誰もやらなかった書き方で、誰もが感じたことのある「あの気持ち」に形を与えた。これが過激な表現の目新しさだけで受け入れられたわけではないことは、その後の彼女の活躍が証明している。

②生きていたんだよな

あいみょんの歌は、「愛」とか「生」とか、どう考えても疑いようのない概念を揺さぶり、ときにひっくり返してしまう。そんな歌を聴くたびに、僕はハッとさせられるのだ。このメジャーデビューシングルは、まさにそんな彼女の凄みを象徴する曲。ここで歌われていることは間違いなく悲劇だが、それをあいみょんは哀れな過ちとしてではなく、眩く輝く命の選択として描いてみせる。それはきっと、きれいごとをいくつも重ねるより何倍も真摯な「生」への態度だ。シリアスで重いテーマの曲ではあるが、そのぶんそこから伸びる救いの手はとても強く大きい。

③愛を伝えたいだとか

ディープなファンクミュージックのフィーリングが実はあいみょんの歌独特の揺れ方や伸び方にばっちりハマるということを、この曲で知った。メジャーデビュー以来タッグを組む田中ユウスケによるプロダクションが、彼女の新しい魅力を引き出した1曲だ。そしてそのグルーヴィーなアレンジ(ちなみにベースを弾いているのは□□□の村田シゲ)が、あいみょんの描き出す「愛の崖っぷち」の風景をよりヴィヴィッドに見せている。そう、彼女の歌う愛はいつも何かが足りないし、いつも何かが手遅れだ。その「満たされない感じ」が、あいみょんの普遍性の源泉だと思う。

④君はロックを聴かない

シングルを出すたびに違った顔を見せる幅の広さはあいみょんの魅力のひとつだが、鋭い観察眼とシリアスなテーマ性を突き詰めた“生きていたんだよな”と心地よいファンクグルーヴで躍る“愛を伝えたいだとか”に続いて満を持してリリースされた王道のミドルチューンが、この“君はロックを聴かない”だ。「ロック」というキーワードひとつで男の子と女の子の違い、褪せることのない青春、焦がれるような恋心、そのすべてを浮かび上がらせる詩人としてのセンスは見事としかいいようがない。ずっと鳴っているアコギのストロークに合わせて、すぐ近くで聞こえてくるシンプルな歌は、淡々と心を揺さぶってくる。

⑤ふたりの世界

ライブでは《まだ眠たくないのセックス》の《セックス》をみんなで大声で叫ぶというシーンが定番化しているこの“ふたりの世界”だが、当然そこがこの曲のハイライトというわけではない。というか、セックスが日常になった恋のなかで宙ぶらりんになった心、「好き」だけでも「嫌い」だけでも言い表せない気持ち、続いていくことの幸福と不安――どっちつかずの微妙さゆえにラブソングでは歌いにくそうな恋愛の風景を、これだけ軽やかに、そして肯定的に歌いきっているところがいい。あいみょん版“トリセツ”……とか言うと誤解を生みそうだけど、この曲が多くの共感を呼ぶのはつまりそういうことだ。

⑥マリーゴールド

今さら説明不要、あいみょんの名前を一躍世の中に知らしめた大名曲である。Aメロからサビまで一直線に伸びていくようなメロディ、聴き手の想像をかき立てるキーワードが散りばめられた歌詞、弾き語りに肉付けしていったようなシンプルでちょっと懐かしいようなロックアレンジ、どれを取ってもタイムレスな魅力をたたえた楽曲だ。そしてそれと同時に重要なのは、この曲が歌う情景が、それこそ“貴方解剖純愛歌 〜死ね〜”から続くあいみょんの「愛」の表現としっかり地続きであるということだろう。どちらが表でどちらが裏かはともかく、この曲にもまた、言葉だけではない「純愛」を探し続けるあいみょんの姿が色濃く滲んでいると思う。

⑦今夜このまま

ドラマ『獣になれない私たち』の主題歌としてリリースされた、メジャー6作目となるシングル。前作にあたる“マリーゴールド”がメロディで味わう楽曲だとするなら、この“今夜このまま”の肝となっているのはリズムだ。打ち込みのビート、アコギのストローク、ハンドクラップ、小刻みなアクセントをきかせた歌メロ。音数が多いのにすっと心に入ってくるのは、弾むように進んでいくリズムが気持ちよく耳に馴染むからだろう。抑揚のつけかたやファルセットの使い方など、シンガー・あいみょんの進化した魅力が刻まれているという意味でも、何気にポイントとなっている曲だと思う。

⑧恋をしたから

繊細な弾き語りで切々と歌われる恋の心情。決して派手な曲ではないがアルバム『瞬間的シックスセンス』の真ん中で確かな存在感を放つこの曲が好きだ。《好きで 好きで 好きで/今 とても 辛いのです》――終わった恋への未練か、それとも終わりへの予感か、恋の美しさや喜びとまったく並列に寂しさや苦しさも見つめるあいみょんの視線の誠実さがじわりと心に染みていく。一切のギミックや手練手管を排除した先に残る、あいみょんというシンガーソングライターの核の部分が露わになっているような曲だ。ライブでも大事に歌われている曲で、たぶん彼女自身にとっても大きな意味をもっているのだろう。

⑨ハルノヒ

何かが欠けたり何かが失われたりした不完全で一方通行な愛を描くことで逆説的にその尊さを歌ってきたあいみょんが、初めて「幸せ」を歌いきった楽曲、それがこの“ハルノヒ”だ。『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌として書き下ろされたこの曲は、作品世界にモチーフを借りながら、あいみょんの表現が大きく変わり始めていることを示すものとなった。《北千住駅》という具体的な地名から歌い起こされるこの曲は鮮やかに情景を浮かび上がらせながら、そこに暮らす「家族」とそこにある愛と未来を優しく描く。世代や時代を超えた、これまでとは違うレベルの普遍性を手にしたという意味で、この曲はほかのどの曲とも違っている。

⑩空の青さを知る人よ

長井龍雪監督による同題のアニメーション映画のために書き下ろされた“空の青さを知る人よ”。キラキラと眩しいストリングスに乗ってぐんぐんと伸び上がっていくサビのメロディは一度聴いたら忘れられない。映画のタイトルをそのまま曲名にするということはあいみょん自身がこれまでのタイアップ以上のシンパシーを感じたということだろうし、それを証明するように、ここで歌われるのは彼女が歌ってきた「ふたり」の関係性を美しく昇華させたような言葉たちだ。ラストの《届け》という一言が放たれた瞬間に、この曲の切なさは希望へと変わる。センチメンタルな情景のなかに強さをたたえた、新たな名曲。

関連記事はこちら。
【10リスト】私たちの心を揺らしたあいみょんの名歌詞10
新作『瞬間的シックスセンス』をリリースしたばかりのあいみょん。昨年の大ヒットシングル曲“マリーゴールド”や“今夜このまま”も収録したこの2ndアルバムは、彼女の歌とメロディの魅力がぎゅっと詰まった、まさに大名作となった。今作に限らず、あいみょんの楽曲は、そこで描かれる「歌詞」がリスナーの耳にし…
【10リスト】私たちの心を揺らしたあいみょんの名歌詞10
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする