【10リスト】ELLEGARDEN、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!

【10リスト】ELLEGARDEN、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!
圧倒的にまぶしいメロディと、感情を解き放つことができるアンサンブル、そして人生の様々な場面に重ね合わせられる歌詞。ELLEGARDENの楽曲は、タフなライブバンドとして飛躍した2000年代、活動休止中の2008年~2018年、そして復活後の今も、時代を越えて愛され続けている。今回はたくさんの名曲の中から、悩みに悩んで10曲を厳選。改めて、その唯一無二の輝きを感じ取ってもらいたい。(高橋美穂)


①風の日

1stアルバム『DON’T TRUST ANYONE BUT US』に収録されている最古参の楽曲でありながら、復活後のライブでも頻繫に演奏されている。それだけ、いつの時代も変わらない、大切なことが歌われているのだと思う。困難にぶち当たった時でも、風や雨に身をさらし、この歌を口ずさめば、生きてるなあって思える――そんな感情を抱いたことがある人は、きっと私だけではないはずだ。この歌ほど温かい《当たり前だろ》《そんなもんさ》は、ほかにない。

②No.13

2ndアルバム『BRING YOUR BOARD!!』の2曲目に収録され、その後の彼らのアッパーな音楽性を引っ張った印象のあるナンバー。活動休止中も大切にされた《9月9日》という歌詞が入っている楽曲でもある。きらめくメロディやファストなビート、《いつでもここには君の家がある》《きっと強風の中でもやり遂げるんだろうと思う》などといった歌詞も含めて、ELLEGARDENそのものが凝縮されているようにも聴こえてくる。

③ジターバグ

『BRING YOUR BOARD!!』に収録されており、のちにシングルにもなった、名実ともに彼らの代表曲。いつだって心に火を点けるアンサンブル。そして、きらめくメロディにのった、人生と重ね合わせられる歌詞。《数え切れないほど無くしてまた拾い集めりゃいいさ》、《早く着くことが全てと僕には思えなかった》――その時の心情によって、強く響く部分が違ってくるのも面白い。当初は瞬間的な爆発力に惹かれたけれど、年月を経て、暗闇にぶつかるたびに道を照らしてくれる楽曲に成長したと思う。

④金星

“No.13”と同じく『BRING YOUR BOARD!!』に収録されているものの、こちらは1stアルバムから続くオルタナ色が強い、輝きを放つミドルチューン。細美武士(Vo・G)の日本語詞の強さが際立っており、これまで《最後に笑うのは正直な奴だけだ》《この夜が終わる頃 僕らも消えていく/そう思えば 僕にとって 大事なことなんて/いくつもないと思うんだ》といったフレーズを噛みしめながら生きてきた人も、少なくないだろう。

⑤スターフィッシュ

3rdアルバム『Pepperoni Quattro』に収録されている、日本語詞と英詞がミックスされたナンバー。《綺麗なものを見つけたから/また見えなくなる前に》と刹那を飲み込んで歌われる、《どうしても君に会いたいと思った》という衝動的な想いに、たまらないピュアネスを感じる。グッとくるのは《こんな星の夜は/君がいてくれたなら/何を話そうとか》の《とか》のところ。照れのような、続きがあるような、リアルな表現が人間臭い。

⑥Make A Wish

『Pepperoni Quattro』がリリースされてから、ライブのクライマックスを飾るようになった名曲。讃美歌のように清らかな出だしから広がるシンガロング。一転して加速をはじめると、感情を解き放つようにジャンプが弾ける。《願い事をしようぜ/簡単なやつを/君が一人きりじゃなくて/そばに誰かがいて手を握ってくれるように》ーー誰もが切実に歌い、跳んだ。聴くたびにライブハウスの楽しさ、美しさが思い出される。

⑦Missing

熱狂の渦を巻き起こすライブバンドとなった頃、シングルとしてリリースされたこの楽曲を聴いて、ドキッとしたことを覚えている。《一滴の水で泳ぐ/勝算みたいなもの/あたたかい毛布も/大切なんだ》――切ないメロディも相まって、心の叫びのように聴こえてきたから。いつでも正直な彼らの生き様が、狂おしいほど美しく結実した楽曲。今では、多くのリスナーにとって、逃げ込める場所のような楽曲になっていると思う。

⑧虹

4thアルバム『RIOT ON THE GRILL』に収録。2004年に行われた「NANA-IRO ELECTRIC TOUR」で虹を見たことが、この楽曲が生まれるきっかけになったのだという。そのエピソードからも、《僕ら》が畳みかける歌詞からも、ELLEGARDENにとって仲間の存在が如何に大切か、ということが伝わってくる。復活後の2019年に行われた「NANA-IRO ELECTRIC TOUR」でも演奏され、さらなる物語を内包することとなった。

⑨Space Sonic

《Insane》《Guilty》などといったビクッとせずにはいられないワードと、痛みを感じるほど鋭利なメロディ、そして重々しくも懸命に走っているようなビート。すべてから、シングルとしてリリースされた2005年、バンドの状況の激変に対峙していた彼らの心が生々しく響いてくる。ポップよりヘヴィという表現が似合う5thアルバム『ELEVEN FIRE CRACKERS』の予兆ともなった楽曲。

⑩高架線

『ELEVEN FIRE CRACKERS』の中でも、伸びやかなメロディと温かなサウンドが印象的な人気曲。《ほんの少し前に 手に入れたような未来を/思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた》《南北へ続く高架線/この先にはきっとあると/ささやいてる》――過去に区切りを付けて進んでいく決意が表れたような歌詞は、彼らの状況や自分の心境によって、聴こえ方が変わってくる気がしている。ただ、《思うよりあなたは ずっと強いからね》という一言のお守りのような強さは、永遠に不変だ。


ELLEGARDEN × 10-FEET ×マキシマム ザ ホルモン、最強すぎる対バンツアー「Reunion TOUR」を別冊で大大大特集! ライブ直後の鼎談も!!
2021年12月に行われた、ELLEGARDEN × 10-FEET ×マキシマム ザ ホルモンによる対バンツアー「Reunion TOUR 2021 ~Eat music in the same LIVE HOUSE~」。 最強すぎて、まるごと1冊「Reunion TOUR」の別冊付録を作…
ELLEGARDEN × 10-FEET ×マキシマム ザ ホルモン、最強すぎる対バンツアー「Reunion TOUR」を別冊で大大大特集! ライブ直後の鼎談も!!

  • 【10リスト】ELLEGARDEN、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!
  • 【10リスト】ELLEGARDEN、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!
  • 【10リスト】ELLEGARDEN、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!
  • 【10リスト】ELLEGARDEN、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!
  • 【10リスト】ELLEGARDEN、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!
  • 【10リスト】ELLEGARDEN、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする