RO69はこちら
レポート一覧
COUNTDOWN JAPAN 13/14 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る




SEが鳴るなり満場のオーディエンスのクラップで迎えられたのは、昨年に続き2回目のCDJ出場となるThe Flickersだ。「こんにちは、Flickersです。よろしく」と安島裕輔(Vo,G,Syn)が軽めの挨拶を済ませると、間髪入れず“black light”へ。安島の攻撃的なハイトーンヴォイスと、堀内祥太郎(B)の重心の低いサウンド、本吉“Nico”弘樹(Dr)のタイトなリズムが発射される。続くダンサブル&ミステリアスな“ルーザー”では、幻想的な曲調に色とりどりの照明が相まって、一足早く夜のような雰囲気に。そして、3人のサウンドは更に鋭さを増していく。

イントロでオーディエンスから歓声が沸いた“non-fiction”では安島がマイク片手に大きめのアクションをしながら唄う。というかほぼ叫んでいるその姿に感化されるかのように、フロアの温度はさらに上昇。本吉から、本日より物販で販売されているという新曲“detonation”がダウンロードできるTシャツの説明、対バンにavengers in sci-fiが決定したという3月の自主企画ライヴについての告知がされると、「みんなそれぞれの1年があったと思いますけど、3人とも正直苦しかったなっていう1年間でした。でも、今年最後のライヴをやるにあたって、今、俺は自分の音楽を強く信じています。来年も頑張ります。来年もよろしく」という安島の言葉から、新曲“detonation”へ。爆音のギター&ベースとそれを切り裂くシンバルから始まる激しいイントロ、そしてサビに向けて飛翔力と破壊力がどんどん増していく攻撃力バツグンのナンバーだった。そこから一転、柔らかなシンセサイザーから始まる“supersonic”でハッピーなムードを作り出した後、巨大なシンガロングを巻き起こした“lovender”で締め。1曲目のときよりも明らかに揺れている頭の数とクラップの音量が増しているCOSMO STAGE。3人は鮮やかなダンスフロアを作り出して去っていった。(蜂須賀ちなみ)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
公式スマートフォンアプリ登場 COUNTDOWN JAPAN 13/14

【レポート一覧】