RO69はこちら
レポート一覧
COUNTDOWN JAPAN 13/14 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



COUNTDOWN JAPAN 13/14、2日目EARTH STAGEのトップバッターはmiwa! ドラマ主題歌“ヒカリヘ”がヒットするなど大躍進を遂げた今年、遂にEARTH初登場である。総合プロデューサーの渋谷陽一による「デビュー以来、COUNTDOWN JAPANもROCK IN JAPANも皆勤賞です。毎年どんどんステップアップして、今年はEARTH STAGEです!」という紹介から、盛大なクラップに迎えられてオン・ステージ。「4年連続のCOUNTDOWN JAPAN。今年は月(MOON STAGE)から地球(EARTH STAGE)にやってきました。トップバッター盛り上がらせていただ○▲$★ます!」と少しだけ噛みながら挨拶するも、1曲目“ミラクル”へ突入すると、煌びやかなダンス・ロックが走り出す! 白×ネイビーのワンピース姿のmiwaは、アコギを抱えてキュートにダンス。フロアでは無数のタオルが振り回され、序盤から大きな一体感に包まれていく。「オープニングからめっちゃ緊張して噛んじゃった!」と照れつつの“441”では、アコギの清々しいサウンドに乗せて切ない女の子の心情を歌い上げる。かと思えば“リトルガール”ではロックモード全開に。ハンドマイクを抱えて拳を突き上げ、果敢にフロアを煽る姿は、その小さな身体のどこに力が?と思えるほどパワフルだ。

「皆さんに届けたい新曲があります」とスタートした“It’s you!”は、リラクシンなムードに溢れたポップ・チューン。miwaはステージを歩き回り手を振りながら、会場の奥まで届けとばかりに伸びやかな歌声を響かせていく。そして「ジャーン!」とギターを掻き鳴らして豪快なソロをお見舞いし、“chAngE”へ突入! さらに“again×again”と畳み掛けると、髪を振り乱しながらメタリックなギター・フレーズを弾き鳴らし、場内のボルテージを頂点まで突き上げてくれた。そしてエレクトリックなバンド・サウンドが鳴り響く“ヒカリへ”で、あっという間のラストへ。フロアを真っ直ぐ見つめ、ときに深い情感を込めながらEARTH STAGEに広げられた歌声は、今年のmiwaの充実ぶりを物語る、しなやかな強さに満ちたものだったと思う。まさに1日の幕開けにふさわしい、凛とした強さと明るさに満ちたステージ。最高のアクトありがとう!(齋藤美穂)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
公式スマートフォンアプリ登場 COUNTDOWN JAPAN 13/14

【レポート一覧】