RO69はこちら
レポート一覧
COUNTDOWN JAPAN 13/14 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



いよいよここCOSMO STAGEにも終幕の時がやってきた。開演前からぎっしり観客が詰めかけたCOSMO STAGE。そのラストを飾るのはCDJ初登場:稀代のヒップホップ・プログレ・バンド=ゲスの極み乙女。! ももいろクローバーZ“行くぜっ!怪盗少女”に乗って、ちゃんMARI(Key)/休日課長(Ba)/ほな・いこか(Dr)の3人が登場してダンスを繰り広げ……たところに、川谷絵音(Vo・G・Syn)が着ぐるみ姿で登場! そんな入場シーンに沸き返ったフロアの熱気を、そのまま1曲目“餅ガール”の爆発力へと導いてみせる。変拍子と4つ打ちが入り乱れたミステリアスなポップ・ワールドが、終わりの近づいたCOSMO STAGEを一面ダンスの坩堝へと叩き込んでがっつり揺らしていく。素早く着ぐるみを脱いだ川谷の“ゲスな三角関係”の熱唱に巻き起こった力強いクラップ! 川谷のギターとちゃんMARIの奏でるピアノやオルガンのサウンドが極彩色の狂気を描き出し、ほな・いこか&休日課長の繰り出すビートはアンサンブルと歌にスリリングな推進力を与えていく。

快走ダンス・ナンバー“キラーボール”ではハンドマイクの川谷が熱気を煽り、休日課長&ちゃんMARIの華麗なソロ・プレイが冴え渡り、速射砲のような川谷の歌と変幻自在なアンサンブルにオーディエンスが力いっぱいのハンドウェーブで応え、“ホワイトワルツ”では、ほな・いこかの「ゲスの4箇条」の伝授にひとつひとつ歓声が巻き起こる。メンバー3人に続き「MC.K改め、川谷二郎改め、川谷絵音……改め、えのぴょんです!」と自己紹介した川谷、鋭利なストロークから“jajaumasan”へ流れ込み、メッセの狂騒感にさらに火をつけていく。「ありがとう! ありがとう幕張! 残念ながら、次の曲で最後になります! やり残しがないように、コール&レスポンスをしませんか!」という休日課長の呼びかけから、COSMO STAGE一丸の「ドレスを」「脱げ!」コール&レスポンスが巻き起こり、アヴァンギャルドでダイナミックな音世界が轟々と加速していくーーのだが、途中でほな・いこかがドラム・セットに立ち上がる。「素晴らしい! でもさ、最後なんですよ! 最後で、そんなんでいいんですか? 全部出せますか! 全力で、そこからかかってきなさい!」。喉も裂けよとばかりの絶叫に導かれて、今度はほな・いこかがリードしての「ドレスを」「脱げ!」コール&レスポンスが吹き荒れ、祝祭の終わりを鮮烈に彩っていく。

むせ返るような熱気を残して、4人がステージを後にする……が。鳴り止まないアンコールの手拍子に応えて、再びバンドがオン・ステージ! 「来年は、あと2個でかいステージに出ます!」という川谷の宣誓に、うおおおっという歓喜の声と拍手が湧き上がる。最後は“song3”で完全燃焼! COSMO STAGEは最高のフィナーレを迎えた。(高橋智樹)





この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
公式スマートフォンアプリ登場 COUNTDOWN JAPAN 13/14

【レポート一覧】