RO69はこちら
レポート一覧
COUNTDOWN JAPAN 13/14 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



いち早く『COUNTDOWN JAPAN 13/14』2日目の口火を切ったのは、ロッキング・オンが運営する音楽情報サイトRO69が主催するアマチュア・アーティスト・コンテスト「RO69JACK 13/14」に優勝して『COUNTDOWN JAPAN 13/14』の出場権を獲得した、千葉・柏発の新鋭=赤色のグリッター! メンバーの大半が高校生という若さながら、1曲目“愛の舌打ち”を高らかに独唱する佐藤リョウスケ(Vo・G)の歌声がCOSMO STAGEに響き渡った瞬間に空気がピンと張りつめ、鋭利なギター・ロックのアンサンブルとともにエモーショナルな高揚感を生み出していく。ひりひりと心に焼きつくような熱さと裏腹に、やるせない切なさとメランコリアを濃密に孕んだ佐藤の歌が、鈴木陸生(G)の清冽なギター・プレイ/クラカズヒデユキ(Dr)のタイトなビート/白ドレス姿のあすかたん(B)のうねるベースと一丸となって、フロアを震わせていく。

4人はそのまま4つ打ちビートが弾み回る“指切りげんまん”へと流れ込み、COSMO STAGEを爽快な躍動感で満たしてみせる。MCは「どうも、赤色のグリッターと申します。よろしく!」という佐藤の挨拶程度にとどめ、1曲1曲自分たちの音楽を鳴らすことに専念していた彼ら。たった3曲/15分程度のステージながら、虚飾を排したリアルなバンド・サウンドと、純粋さを求めて揺れ動く衝動そのもののような佐藤のヴォーカリゼーションが強く胸に残ったし、「若さゆえの蒼さ」に甘えることなく人間と音楽の核心を追い求めようとする凛とした決意が、その1音1音から滲んでいた。ラストは涼やかな透明感とポップ感に満ちた“あのね、きいて?”でフィニッシュ。「よいお年を!」という佐藤の言葉とともに絶妙のタイミングで放ったキメが、1日の祝祭の始まりに心地好く響いていた。(高橋智樹)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
公式スマートフォンアプリ登場 COUNTDOWN JAPAN 13/14

【レポート一覧】