RO69はこちら
レポート一覧
COUNTDOWN JAPAN 13/14 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



2013年にワールド・デビュー・アルバム『APOCALYZE』をリリースし、名実共に日本を代表する、いやそれどころかワールド・クラスのラウド・バンドとして邁進するCrossfaithが、MOON STAGEに登場だ。いやもう、サウンド・チェックの段階からとんでもない音塊を放ちまくってオーディエンスを驚喜させていたわけだが、『APOCALYZE』の導入部を彷彿とさせるオープニングでは、Kenta Koie(Vo)が圧倒的なグロウルでフロアを煽りながら“We Are The Future”へと飛び込んでゆく。そして、Tatsuya Amano(Dr)の凶悪なビートに支えられ、Terufumi Tamano(Panorama・Program)の痛快なシンセ・フレーズにまみれた絨毯爆撃サウンドで一息にフロアを沸騰させてみせる。もちろん、Kazuki Takemura(G)とHiroki Ikegawa(B)は鉄壁のヘヴィネスを生み出している。激情を全速で吐き出しながらヘッド・バンギングしつつ一斉に拳を突き上げる“Monolith”、男女入り乱れてのコールを巻き起こしながら「幕張メッセ、飛べーっっ!!」と投下される“Jägerbomb”と、場内の熱量はどんどん高まっていく。

「幕張メッセ。2013年も残すところ2日です。COUNTDOWN JAPAN 13/14へようこそー! ひとつだけ聞かせてくれ、お前ら、年越せるのか。越せへんのか。出来るのか出来へんのか、出来る奴だけ声上げろーっ!!」とKentaが告げて放たれるのは、カウントダウンはカウントダウンでも憎悪の最後通牒と呼ぶべき“Countdown To Hell”だ。カオティックな感情表現の音が客席にもそのまま伝播していく。そこから“Eclipse”のシンガロングの熱狂を潜り抜けて、「こっちの端からあっちの端まで、一番前から後ろの方まで、MOON STAGEにいる奴全員、声聞かせてくれ! ありがとう!」「2013年は俺たちにとって凄い年になりました。それも、こうして観に来てくれるみんなのお陰です。これからも一緒にヤバい景色観たいって人は、2014年も応援よろしくお願いします!」と告げたKentaは、オーディエンス全員を座らせた状態から一斉ジャンプを敢行。ラウド・ミュージックのシンフォニーと呼ぶべき“Leviathan”で、余りにも濃密なショウを締め括ってみせた。(小池宏和)




この4日間の模様を凝縮した別冊付録を、「ROCKIN'ON JAPAN3月号(1/30発売)」に封入! 全ライヴ・アクトのセットリストは、そちらに掲載されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
公式スマートフォンアプリ登場 COUNTDOWN JAPAN 13/14

【レポート一覧】