レポート一覧

GRASS STAGE 10:30

2日目開幕! 極彩色ポップ、壮大に極まる

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015・2日目、GRASS STAGEは朝から見渡す限り人、人、人。そして、ROCK IN JAPAN FESTIVAL総合プロデューサー=渋谷陽一の「今、最も勢いのあるバンドを、今日の最初のステージに迎えられて嬉しいです!」というコールとともに登場したこの日のトップバッターはゲスの極み乙女。! 満場のオーディエンスを見渡した川谷絵音(Vo/Gt)の「キラーボールで踊りませんか?」のひと言で、広大なフィールドが一気に極上のダンス空間へと塗り替わる! 今年6月には幕張メッセイベントホールでのワンマン2DAYSを成功させているゲスの極み乙女。だが、こうして6万人規模の屋外のステージで鳴り響くことで、その卓越したプレイアビリティが織り成すサウンドスケープと、そこから生まれる強烈なポップ感が、一切のリミッターを外したような壮大なスケール感を獲得している。




ほな・いこか(Dr)が繰り出す鋭利なビートが、休日課長(Ba)の辣腕ベースが、ちゃんMARI(Key)の鮮烈なピアノさばきが、そしてサポートコーラス×2のハーモニーと絡み合いながら伸びやかに響く川谷絵音のヴォーカルが、GRASS STAGEの巨大な空間に解き放たれ、観客のジャンプ&ダンスに大地が揺れる! ギター/キーボード/ベース/ドラムというごく一般的なバンド編成ながら、その楽曲とアンサンブルが、ロック/ジャズ/フュージョンなど他のどのバンドとも異なる構図と方法論で構成されていることが、この巨大な空間で聴くと改めてよくわかる。“キラーボール”からそのまま流れ込んだ“星降る夜に花束を”に続いて、“デジタルモグラ”で川谷がギターを奏で始めると、そのバンドサウンドはさらに色彩感とエッジ感を増していく。課長のチョッパーが冴え渡る“パラレルスペック(funky ver.)”から“私以外私じゃないの”“ロマンスがありあまる”と超絶テク満載のポップナンバー連射で、オーディエンスの歓喜は刻一刻と熱を帯び、「去年はPARK STAGEで、『来年はGRASSに出ます』ってMCで言ってて、今日GRASSに立ってます!」という川谷の言葉に高らかな拍手が湧き起こっていく。



「新曲やっていいですか?」とスリリング&ミステリアスな新曲を披露した後、満場の「ドレスを」「脱げ!」コール&レスポンスから“ドレスを脱げ”へ突入してライヴは一気にアグレッシヴに加速! ソリッド&タイトな音像を川谷の獰猛な歪みギターが異次元に誘う“Ink”を経て、最後は「キラーボールでもう一回踊りませんか?」と“キラーボール(last dance ver.)”へ。《何回でも繰り返す》《たった今わかったんだ》の麗しのコーラスで観客の合唱を誘い、「ちゃんMARI・川谷・課長のキーボード3人連弾」など曲の中で何度もフォーメーションを変えながら、最後は6人一丸の熱演で切れ味鋭く終了! ゲスの極み乙女。の楽曲&サウンドの訴求力と、その表現世界の底知れなさを、この最高の舞台で真っ向から証明してみせた。(高橋智樹)


この4日間の模様を凝縮した「ROCKIN'ON JAPAN増刊号 ROCK IN JAPAN FES.2015」は9月12日発売予定です! 全ライヴアクトのセットリストは、そちらに掲載されます。

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

RO69アーティスト情報

ゲスの極み乙女。
クイックレポート更新情報もツイート中!